世界規模で高い人気を誇る鳥山明の漫画『ドラゴンボール』。アニメ化だけでなくハリウッドで実写映画化されるほどのヒットコンテンツとなった名作だが、ネット上では「『フリーザ編で終わらせるべきだった」という声が上がっている。 『ドラゴンボ
熱いハチャメチャなバトルが人気の『ドラゴンボール』シリーズだが、時には思わず涙してしまう展開も。同作品で“泣けるシーン”といえば、どの場面を思い浮かべるだろうか。 ネット上の声を見てみると、やはり多いのが「チャオズが自爆するところ
数多くの魅力溢れるキャラクターが登場する『ドラゴンボール』(集英社)。しかし「そういえばそんな奴いたな」と忘れ去られているキャラも少なくない。 まずネット上で槍玉に上がっていたのは、レッドリボン軍のムラサキ曹長だ。マッスルタワーの
中部大学工学部の教授・平田豊が、『ドラゴンボール』に登場する強い重力下での修行をリアルで実験。運動学習能力の向上が確認され、「あの修行本当に効果があったのか!」と驚きの声が上がっている。 中部大が行った実験では、遠心力を利用した過
1 2 3 5