『週刊少年ジャンプ』で連載中の『鬼滅の刃』。人と鬼との切ないストーリーや鬼気迫るバトルシーン、個性豊かなキャラクターなどで多くの人を魅了している。 同作は大正時代の日本を舞台に、主人公・炭治郎の家族が鬼に殺されるところからスタート。ま
『鬼滅の刃』随一の弱虫キャラ・我妻善逸。口を開けば自嘲的な発言か“汚い高音”しか出さない超ヘタレキャラなのだが、「第1回キャラクター人気投票」では主人公・竈門炭治郎に次いで第2位にランクインしていた。読者を惹きつける彼の魅力とは一体…?
来年公開される劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」。早くもファンからは「2020年が待ち遠しい」「きっと映画館は人と涙で溢れる…」と期待が寄せられているが、果たして劇場版ではどのシーンがラストになるのだろうか。ネット民の声をみてみよう。 『
新たな少年漫画の金字塔として注目を集める、吾峠呼世晴原作の『鬼滅の刃』。主人公・炭治郎の宿敵といえば鬼舞辻󠄀無惨だが、単行本6巻で見せた彼の“圧迫面接”はご存知だろうか。今回は、「難易度が高すぎる」と有名な無惨の圧迫面接をご紹介しよう。
2016年10月3日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』2016年44号に、『鬼滅の刃』第32話が掲載された。読者からは「まさか鬼滅読んでてぬ~べ~のトラウマが蘇るとは……」「人面蜘蛛さんマジでグロかった」という声が続出するなど、