『週刊少年ジャンプ』(集英社)に毎度掲載される“作者の巻末コメント”。先日ネット上では、ある人物の巻末コメントが注目を浴びていた。 発端となったのは、『夜桜さんちの大作戦』の作者・権平ひつじのコメント。新年1発目の『ジャンプ』6・7合
甘党&無鉄砲な主人公・坂田銀時が“たまに”活躍する、空知英秋原作の「銀魂」。“銀魂”といえば下ネタ&放送禁止用語は当たり前、さらにぶっ飛んだパロディ回が度々登場する。今まで餌食となったアニメは数知れず…。そこで今回は、銀魂の“パロ歴史”
『鬼滅の刃』随一の弱虫キャラ・我妻善逸。口を開けば自嘲的な発言か“汚い高音”しか出さない超ヘタレキャラなのだが、「第1回キャラクター人気投票」では主人公・竈門炭治郎に次いで第2位にランクインしていた。読者を惹きつける彼の魅力とは一体…?
1 2 3 11