来年公開される劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」。早くもファンからは「2020年が待ち遠しい」「きっと映画館は人と涙で溢れる…」と期待が寄せられているが、果たして劇場版ではどのシーンがラストになるのだろうか。ネット民の声をみてみよう。 『
2019年11月3日(日)放送のアニメ「サザエさん」に、関ジャニ∞・村上信五がゲスト出演。関西弁のマラソンランナー・村上くん役で登場した。フジテレビの公式サイトによると、アフレコの出来を「127点」と答えていたという村上。果たしてネット
NHKの低学年向け道徳番組「ざわざわ森のがんこちゃん」。1996年から番組が始まり、放送20周年の節目には“スペシャル動画”が作成された。さぞ節目を祝う明るいエピソードかと思いきや、実際はその“真逆”。視聴者から“ガチなディストピア展開
種族と性別を超越した“ホワイトラブ”が話題の漫画『恋するシロクマ』(KADOKAWA)。ほのぼのタッチが人気の作品だが、“泣ける漫画”としても評価が高い。 同作は白い“アザラシ君”(♂)に恋をした“シロクマさん”(♂)の物語。シロクマ
漫画やアニメ作品のアクセント「中二キャラ」。そう簡単には描き出せない存在だが、ある漫画家の解説による“格好いい中二キャラを作るコツ”が大きな反響を巻き起こしている。 注目を集めたのは、『月刊アクション』(双葉社)にて『オヤジが美少女になっ
1 2 3 38