「一生先に進めないんだけど…」 『エヴァンゲリオン』初の公式アプリ『EVA-EXTRA』にファン困惑!?

2019年7月1日(月)に、『エヴァンゲリオン』初の公式アプリ『EVA-EXTRA』がリリース。アプリを起動するといきなり究極の選択を迫られ、「一生先に進めないんだけど…」と動揺する人が続出している。

同アプリは、2009年4月から毎月配布された公式無料冊子『EVA-EXTRA』をアプリ化したもの。来年公開が予定されている『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の最新情報や、過去の無料冊子版『EVA-EXTRA』のリバイバル閲覧ができる。

エヴァ史上初の公式アプリとあり、ファンからは「エヴァのアプリきてるーーー!!」「息をするようにインストールした」「ようやく見えてきた最後のエヴァがまじで楽しみ!」「ほんとにエヴァが動き始めたんだなって感慨深い」と歓喜の声が。

しかし一方で、「アプリ開始3秒で先に進めなくなった…」といった人たちも多く見られた。実はアプリ起動後すぐに、自分が所属したいチームの選択を迫られてしまう。作中では対立関係にある「NERV(ネルフ)」か「WILLE(ヴィレ)」のどちらかを選ばなければならず、しかも一度選択すると後から変更することはできないそうだ。

ぬか喜びしていたファンたちは「どっちかなんて選べねーよ!」「エヴァアプリ、起動していきなり究極の選択を求められて草」と困惑。ちなみに同アプリを制作した株式会社カラーの公式Twitterによると、『エヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明は「迷ったけどWILLEにした」と明かしていた。

ファンだからこそ、どちらかひとつしか選べないことに抵抗があるのかもしれない。