「つまらなすぎておもしろい」ゆるすぎる暇つぶしゲーム「ときめーたー」がひたすらシュール

日々新しいアプリが制作されて話題となっているが、とにかく数が多くて全てをチェックするのは困難。そこでこの記事では、最新アプリの中からネット上などで注目を集めているアプリをピックアップして紹介!

・ときめーたー

今回紹介するアプリ「ときめーたー」は、簡易なミニゲームアプリ。様々なときめきシチュエーションで正解の行動をして、ヒロインの“ときめーたー”を上げていく。

ゲームの内容は、1つのゲームの所要時間が数秒程度とかなりシンプルで、難しい操作などは特にない。次々に新しいシチュエーションに切り替わっていくテンポの良いゲームになっている。

ゲームの注目点は、なんともいえないシュールでシンプルでゆるいキャラクターや独特過ぎるシチュエーション。パソコンのペイント機能で描かれたような色気のかけらもないセーラー服のヒロインを、メガネで坊主でかっこよくもブサイクでもない主人公がときめかせるさまがクセになるかも。

用意されているシチュエーションは、歩きスマホをしているヒロインの前方にあるバナナをどかして転ぶ危機を救う、食パンをくわえながら走って登校しているヒロインにタイミングよくぶつかる、ババ抜きでジョーカーを引いてあげる、服についている糸くずをとってあげるなど。中には、机の上に置いてあるリコーダーを見ても決して触ってはいけないという、放置こそが正解といった引っかけてきなシチュエーションも。

これには「メーターを最後までためるのが大変だったけど、単純で楽しかった」「つまらなすぎておもしろい」「簡単すぎず難しすぎずで丁度いい」といった反響が起こっている。

同アプリの制作者「はっぷ」は、ゆるいゲームを数多く生み出している人気のクリエーター。代表作の「ママにゲーム隠された」は、シリーズ累計2,000万ダウンロードを突破し、なんと『New ニンテンドー3DS』のソフトとして2017年7月12日より配信されたことも。はっぷ氏は1人でゲームを作っているらしいが、毎回安定のクオリティでユーザーを和ませてくれ、「ハップさんのゲームを毎回楽しみにしているけど今回も最高!」とファンは大喜び。暇つぶしとしてダウンロードすると、思いのほかハマってしまうかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

名作文学を原作とした朗読CD「朗読喫茶 噺の籠 ~あらすじで聴く文学全集~」が2月よりリリース開始。記念すべき第1弾には、斉藤壮馬さんや下野紘さんらが出演しています。ちなみに『走れメロス』を読んだ下野さんは、複数の役をこなしているよう。
nano.RIPEきみコが語るアニメ楽曲制作の裏側「第2回」 今回は、今月より放送スタートのテレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』オープニング主題歌「つぎはぎもよう」の制作秘話に切り込んでいきます! 実は「のんのんびより」は、制作
花沢さんといえば、恋する乙女というイメージがあるはず。ガッツに溢れたアプローチでアタックを仕掛ける花沢さんに、多くの視聴者が元気をもらったのではないだろうか? 今回は花沢さんが特に活躍したエピソードをピックアップしていこう。 ■【花沢さん