「共通点無さすぎて草」 『スパイダーマン』と『ゴールデンカムイ』の謎コラボが実現

2019年6月16日(日)に映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』と、TVアニメ『ゴールデンカムイ』(TOKYO MXほか)のコラボ映像がYouTubeに投稿されて話題となった。

動画では6月28日(金)に公開された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を、『ゴールデンカムイ』のキャラクターたちが解説。主人公の杉元佐一やアシリパ、鶴見中尉が映画の見どころを語っている。

全く関連性を感じない2作品のコラボに、ネット上からは「謎コラボすぎる…」「予想外過ぎるコラボで脳内処理が追いつかないわ」「シンプルに嬉しいし動画おもろかったけど、共通点無さすぎて草」との声が続出。しかしこの2作品がコラボしたことには、とある理由が。

まず『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に登場するニック・フューリーも鶴見中尉も“カリスマ的な軍人”であるということ。さらに“顔にケガを負っている”、“チームをまとめるためなら手段を選ばない”という点が見事に共通している。2人の共通点の多さから、夢のような珍コラボが実現したのだという。

コラボの立役者である鶴見中尉役の大塚芳忠は、『ゴールデンカムイ』の公式サイトで「今回のコラボですが、私鶴見が、『い~ね~! ぴ~た~くぅん。いいぞぅ~!!』と恍惚の表情で叫ぶのです。『蜘蛛のようにっ、蜘蛛のように踊るんだっ!』と、おそらく頭蓋骨から汁垂らしながら…」「『ファー・フロム・ホーム』大期待です。早くピーターくぅ~んに会いたい!」とコメントしている。

珍コラボだったが、大人気作品同士のコラボなだけに反響は大きかったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.