JRAとガンダムのコラボ企画「騎乗戦士ガンダム」始動! オリジナルムービーが「センスありすぎて泣いた」と話題

日本中央競馬会(JRA)とアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズがまさかのコラボ。スペシャルプロジェクト「騎乗戦士ガンダムJRA -BEYOND THE TURF-」が始動し、大きな注目を集めている。

同プロジェクトは、「これからも幅広い世代を越えて愛される存在でありたい。」というJRA、機動戦士ガンダムシリーズの想いから生まれたもの。特設サイトでは第1弾コンテンツとして、オリジナルムービー「ガンダムJRA -BEYOND THE TURF-」などを公開中。「ガンダムJRA」を通して、新しい競馬の魅力を届けていく。

ムービーは「ガンダム00」で、刹那・F・セイエイ役を務めた宮野真守さんがナレーションを担当。歴代ガンダムとGIレースの名場面がクロスオーバーした、迫力のある映像が楽しめる。

気合いの入った動画を見た人たちからは、「センスありすぎて泣いた」「ガンダムのPVとして見ても完成度高過ぎてビビる」「『可能性を信じて』でユニコーンを出して『新しい時代へ』でGガンダムを出して『次の時代へ』でオルフェンズ出すあたり、わかっている感が強い」といった好評の声が続出中だ。

また「ガンダムエクシア」が馬にまたがって、颯爽と競馬場を駆けるキービジュアルも公開。“俺が宝塚記念だ”というキャッチーなコピーがついた同ビジュアルだったが、ネット上からは「馬とガンダムを絡ませるなら、風雲再起とゼウスガンダムも混ぜてあげて欲しい」「風雲再起と師匠を使えよ」など愛のあるツッコミがこだましている。

ガンダム好きの間で話題になっている「騎乗戦士ガンダムJRA」。ガンダムを通して、競馬の魅力にも触れてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.