ドラえもんでお馴染みの「テレレレッテレ~」は勘違い!? なぜみんな間違えて覚えてしまったのか…

国民的アニメである「ドラえもん」。リアルタイムで見ている人、見ていた人も多いのではないだろうか。しかし、ドラえもんが道具を出すときの音を想像してみてほしい。なぜか頭に「テレレレッテレ~」という音が浮かんでくるのでは? 特に何の疑問も持たずこの効果音を口ずさんでいた人もいると思うが、実はこの効果音は間違っている。一体なぜ「テレレレッテレ~」が定着してしまったのか、ネット上では議論が巻き起こっていた。

最近のドラえもんでは、道具を出すときの効果音が変わってしまっている。そのため、ここでは過去使用されていた音を引き合いに出してみよう。実際にドラえもんの作中で流れていた音はというと、「ピコーン、ピシャピシャピシャピシャ! テッテケテッテーテーテテー」というもの。カメラのシャッターを切るような音の後に、メロディが流れている。言わずもがな、「テレレレッテレ~」とは全く違うことがわかるだろう。

にもかかわらず、ネット上では当たり前のように「タラタタッタター翻訳こんにゃく~」「テレテレッテレ~♪ はい始末書~~」と存在しないメロディを使う人が蔓延。しかし正解を知っている人も存在し、「みんな『テレレレッテレ~』って言うけど、あれ間違ってるよね?」「本当はテッテケテッテーテーテテーなのに」との声も上がっていた。

一体「テレレレッテレ~」はどこからきて、なぜこのメロディが定着したのだろうか…。「キテレツ大百科の発明品出す音と混合してるんじゃない?」「ドラえもんが登場するBGMがよく似ているから、みんな勘違いしたのでは」と謎を解き明かそうとする人もいたが、真相は謎に包まれている。