「好きなものは人と違ってもいい」 先週の『スター☆ トゥインクルプリキュア』が感動回すぎると話題

2019年6月2日(日)に放送された『スター☆ トゥインクルプリキュア』(テレビ朝日系)では、ひかるのお母さん・輝美にクローズアップ。「展開がアツすぎる!」と話題になっていた。

小さい頃、マンガばかり読んでいることをよくバカにされたひかる。いじめられてヘコんでいると、輝美は「好きなものは人と違ってもいいじゃない。好きなものはひかるだけの宝ものなのよ」とひかるを励ました。この言葉に感銘を受けたひかるは、大きくなった今でもマンガが大好きに。

ある日、ひかるは輝美から「月刊マンガ誌に、新作マンガが掲載されることになった」と伝えられた。喜ぶひかるは、他のプリキュアメンバーと共にアシスタントとして輝美をお手伝い。見事原稿を完成させる。

ところが新作マンガの評価は散々で、張り切っていた輝美は深く傷つく。「私に漫画家は無理かもしれない」とこぼした最悪のタイミングで、ノットレイダー一味が登場。なんと輝美をノットレイダーに作り変えてしまった。すかさずキュアスターに変身したひかるは、「わたしはお母さんのマンガに勇気を貰ったんだ」「誰に何と言われても、好きなものは好き!」と言い放ち輝美の攻撃を押し返したのだった。

親子愛溢れるストーリーに、思わず涙してしまう視聴者が続出。「親が子に弱みを見せる珍しい回だった!」「娘へ向けた言葉が、今度は自分を奮起させるアツい展開」「“自分が好きなものは、自分だけの宝物”って本当にいい言葉だと思う」などの声が上がっている。

ちなみに輝美はその後、プリキュアをモデルにしたファンタジーを描いて担当のハートを掴んだ。輝美のマンガが人気を集めることを願おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

名作文学を原作とした朗読CD「朗読喫茶 噺の籠 ~あらすじで聴く文学全集~」が2月よりリリース開始。記念すべき第1弾には、斉藤壮馬さんや下野紘さんらが出演しています。ちなみに『走れメロス』を読んだ下野さんは、複数の役をこなしているよう。
nano.RIPEきみコが語るアニメ楽曲制作の裏側「第2回」 今回は、今月より放送スタートのテレビアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』オープニング主題歌「つぎはぎもよう」の制作秘話に切り込んでいきます! 実は「のんのんびより」は、制作
花沢さんといえば、恋する乙女というイメージがあるはず。ガッツに溢れたアプローチでアタックを仕掛ける花沢さんに、多くの視聴者が元気をもらったのではないだろうか? 今回は花沢さんが特に活躍したエピソードをピックアップしていこう。 ■【花沢さん