三位一体 間違える人が多い漢字の正しい読み方

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・三位一体

Twitterで「三位一体」と検索すると、「『三位一体』の読み方は“サンイイッタイ”じゃないの?」「『三位』は“サンイ”としか読まないでしょ」「今までずっと“サンイイッタイ”と読んでたかも」という人が続出していました。

「三位一体」は「サンミイッタイ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「三者が本質的に全く同一であるということ」「三つのものが一つになること。また、三者が心を合わせること」などを「三位一体」と表現するそうです。

正しい言葉の意味を知った人からは、「『三位一体』は“サンミイッタイ”と読むのか」「“サンイ”じゃなくて“サンミ”と読むのは知らなかった。今まで間違えて使っていました…」「『サンイイッタイ』とパソコンで入力しても確かに出てこないよね」といった驚きの声が。「三位」のことを「サンイ」と読み間違える人が多い言葉なので、恥をかかないようしっかり覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

コミックシーモアの大人気恋愛漫画『ももいろ あんずいろ さくらいろ』がドラマ化決定!大学生男女4人の四角関係を描いた作品なのですが、私の注目キャラは主人公の親友・根岸有香です。モテかわルックスながらしたたかな彼女は、悪女だけどどこか憎め
スネ夫に抱く印象は、人によってはかなり悪いかもしれない。親のスネをかじりジャイアンの威を借り、スネ夫の活躍はアニメ本編でもあまり見かけないはず。しかしスネ夫にも名言や、輝いたシーンが存在する。今回はそんなスネ夫のエピソードをご紹介していこう