3位「タモリ」、2位「大泉洋」… 飲み会の幹事をしてほしいと思う有名人1位はやっぱりあの人!

英会話のGabaが「飲み会・カラオケに関する調査2019」をテーマにしたアンケートを実施。2019年1月24日(木)から1月29日(火)にかけて、20歳~69歳のビジネスパーソン1,000名を対象に“飲みニケーション”の実態をリサーチしました。

<職場の人とのコミュニケーションやカラオケ利用について>

まず「職場の飲み会に参加する頻度」について質問。その結果、「半年に1回程度」が21.2%で最も多くなりました。また年代別にみると、20代では「月に1回以上」(27.5%)が最多に。“若者の酒離れ”といわれる昨今ですが、20代ビジネスパーソンには“飲みニケーション”を積極的に活用している人が多いようです。

<職場カラオケについて>

続いて「職場の人とカラオケに行く頻度」を聞いたところ、「月に1回以上」は4.0%に。また「行くことがある」と答えた人は29.4%になりました。

次に職場カラオケ経験者に「職場カラオケによる効果」を質問。1位は「職場の雰囲気が良くなった」(27.6%)、2位は「上司と話しやすくなった」(22.1%)、3位「同僚と話しやすくなった」(21.8%)という結果に。カラオケには、職場の雰囲気や社員同士のコミュニケーションにプラスの影響があるのかもしれません。

<芸能人ランキング>

「職場の飲み会の幹事をしてほしいと思う有名人」を調査すると、1位に「明石家さんまさん」、2位に「大泉洋さん」、3位に「タモリさん」がランクイン。絶妙なトークで飲み会を盛り上げてくれそうな芸能人が上位になりました。

「職場カラオケを盛り上げてくれると思う有名人」でも、1位は「明石家さんまさん」に。2位は「渡辺直美さん」、3位は「ムロツヨシさん」と「大泉洋さん」がランクインしました。飲み会の幹事に続いてさんまさんが1位となったほか、ビヨンセのモノマネで楽しませてくれそうな渡辺さんが上位になっています。

「カラオケでデュエットの相手をお願いしたいと思う有名人」を聞いたところ、男性回答の1位は「綾瀬はるかさん」、2位は「有村架純さん」、3位は「新垣結衣さん」「石川さゆりさん」でした。笑顔でデュエットに応じてくれそうな女性有名人のほか、実力派演歌歌手もランクインしています。

女性回答の1位は「福山雅治さん」、2位は「星野源さん」、3位は「明石家さんまさん」となり、歌手と俳優の両面で活躍している福山さんや星野さんを挙げる人が多い結果になりました。

飲み会や職場カラオケを通して、楽しくコミュニケーションを取っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。