最も理想的な体型だと思う男性有名人1位は? ビジネスパーソンが選ぶ有名人ランキング

健康総合企業のタニタが展開するヘルシーレストラン「タニタ食堂」は、2018年2月5日(月)~2月6日(火)の2日間にわたって「働く男女のお昼ごはんに関する調査」を実施した。調査対象は、全国の20歳~69歳の働く男女1,000名。今回は芸能に関する結果を中心に、アンケート調査の結果を紹介しよう。

「いつもおいしいランチを食べていそうだけど、健康的だと思う女性有名人」を質問したところ、1位は「綾瀬はるか」(50名)という結果に。2位は「石原さとみ」(46名)、3位は「水卜麻美」(38名)という回答が続いている。

芸能人には憧れてしまうような体形の持ち主が多いもの。「どんな食生活をしたら、そんな理想的な体形になるのか教えて欲しいと思う女性有名人」を尋ねると、奇跡の10頭身として知られる「菜々緒」(89名)が1位に輝く結果に。そのほか2位は「米倉涼子」(34名)、3位は「綾瀬はるか」(28名)という結果になり、女性の憧れる有名女優たちがランクインしていた。

また「2018年、今年のからだ(最も理想的な体形)に選ばれると思う男性有名人」についても調査を実施。1位には役づくりに徹底的にこだわる俳優の「鈴木亮平」(50名)が選ばれ、2位は「竹内涼真」(28名)、3位は「春日俊彰」(20名)という結果になっている。

ほかにも同アンケートでは「ビジネスパーソンのランチあるある」も調査を実施。ビジネスパーソンは職場の同僚と一緒にランチに行く機会も多いが、心ない行動で楽しいはずのランチタイムが残念な時間になってしまうことも。「同僚と一緒にランチをしていて、されると“勘弁してよ~”と思うこと」を聞いたところ、1位「ランチ中にずっとケータイをいじっている」(39.2%)、2位「店員さんに対する態度が悪い」(37.8%)、3位「行儀が悪い(肘をついて食べる、口に入れたまま話すなど)」(37.2%)といった結果に。ランチ中にケータイをいじられると不快な気持ちになってしまうビジネスパーソンが多いようだ。

ランチがきっかけで恋愛に発展することがあるのか調査するため、「片思いの相手をランチに誘ったことがあるか」を質問。すると「ある」は13.5%、「ない」は86.5%という結果になった。男女別にみると、片思いの相手をランチに誘ったことがある人の割合は女性では6.4%と1割に満たない数値。男性では20.6%となっていて、5人に1人が好きな人をランチに誘った経験があるようす。

 実際にランチがきっかけで恋愛関係になったことがあるか聞いたところ、「ある」は7.6%、「ない」は92.4%。また片思いの相手をランチに誘った経験がある人(135名)のうち、恋愛関係になったことが「ある」という回答は36.3%に。片思いランチがきっかけとなって恋愛関係に発展する確率は、3割を超える結果となっている。

■働く男女のお昼ごはんに関する調査2018
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする全国の20歳~69歳の働く男女
調査期間:2018年2月5日(月)~2月6日(火)
調査方法:インターネット調査 ※タニタ食堂調べ
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル(内訳)各性年代が均等になるように抽出
実施機関:ネットエイジア株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

コミックシーモアの大人気恋愛漫画『ももいろ あんずいろ さくらいろ』がドラマ化決定!大学生男女4人の四角関係を描いた作品なのですが、私の注目キャラは主人公の親友・根岸有香です。モテかわルックスながらしたたかな彼女は、悪女だけどどこか憎め
スネ夫に抱く印象は、人によってはかなり悪いかもしれない。親のスネをかじりジャイアンの威を借り、スネ夫の活躍はアニメ本編でもあまり見かけないはず。しかしスネ夫にも名言や、輝いたシーンが存在する。今回はそんなスネ夫のエピソードをご紹介していこう