サッカー日本代表のメンバーに“忖度”がない証拠が発見される! スポンサーの圧力はでたらめだった?

6月19日の本日、ついに「2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会」で日本代表の初戦「日本VSコロンビア」が行われる。今回のW杯はメンバー選考から様々な疑惑がネット上で浮上していたが、ある1つの疑惑がここにきて晴れているようだ。

前監督であるヴァヒド・ハリルホジッチが解任され、西野朗監督が指揮をとることになった日本代表。メンバーはハリルホジッチが招集していた頃と大きく変わったのだが、これに対してネット上では「なんかすごい裏事情がありそう」「どう考えても忖度だよなぁ」「スポンサーへの配慮かな?」といった声が続出することに。一部では“忖度ジャパン”なんて指摘も受けている。

しかしどうやら、スポンサーの意向というのは間違っているかもしれないらしい。実は現在ファミリーマートでは、日本代表のオフィシャルパートナー「キリン」とコラボした日本代表応援キャンペーンを実施中。「キリン」商品を含んだ500円分以上のレシートで抽選に応募できるのだが、なんとその中の景品の1つに「吉田麻也選手・久保裕也選手のサイン入りユニフォーム」というものが。

久保選手といえば、今回の代表選考で惜しくも落ちてしまった1人。そのためネット上では「スポンサーに配慮してるなら絶対久保がメンバーに選ばれてるよなwww」「スポンサー云々言っていた人、ファミマのキャンペーン見ような。忖度あったなら久保がスタメンだ」「落選した久保がキャンペーン要員とか。スポンサーに配慮してたらありえないこと」といった声が続出。スポンサーへの忖度は都市伝説かも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.