ハンターハンター休載を「少年ジャンプ」がイジる!?

 

ハンターハンター休載を「少年ジャンプ」がイジって話題を呼んでいる。4月16日に「週刊少年ジャンプ」2018年20号が発売されたのだが、連載中のギャグ漫画「トマトイプーのリコピン」が「ハンターハンター休載」イジりをしたことが話題になっている。

この回で「トマトイプーのリコピン」は、テレビ番組「逃走中」のようなシチュエーションで、リコピンたちがハンターから逃げていた。逃げている時には“ミッション”も与えられ、「逃走中」と何から何まで仕様がそっくり。

そんな中、リコピンたちへ「ミッションに成功した場合、ハンターハンターが再開する」というご褒美が与えられることに。するとリコピンたちは「これはやらなきゃ!」と張り切るのだった。

「ハンターハンター」といえば、「週刊少年ジャンプ」2018年18号を最後に再び長期休載に入っており、ファンからは「またハンターハンター休載か…」「おいいいい! なんでまた休んじゃうのー!?」「何度目のハンターハンター休載だよ」とツッコミの声が続出していたばかり。

そのため、出版社側である「トマトイプーのリコピン」が「ハンターハンター休載」をネタにしたことに対して、「ハンターハンター休載ネタでワロタwww イジっちゃって大丈夫なのか?www」「唐突なハンターハンター休載イジりとか笑うわ」「ハンターハンター休載告知から2週後にこのネタを入れてくるリコピンはすごい」と反響が起こることに。

しかしリコピンたちはハンターハンター再開をかけたミッションに失敗していたため、「ハンターハンター休載はリコピンのせいということでいいですか?」「リコピンのせいでハンターハンター復活失敗したじゃねえか」「ハンターハンター再開のチャンスを逸したリコピンとかいう無能を許すな」といった声も。

実はハンターハンターを公式がイジることはたまにあり、「週刊少年ジャンプ」が全面的に協力しているWeb動画『ジャンプ流!×漫道コバヤシ ケンドーコバヤシ週刊少年ジャンプで連載を目指すのコーナー』の放送第5回でも起こっていた。

ケンドーコバヤシが「週刊少年ジャンプ」編集者に対し、“ネームで載っている状態の漫画を「週刊少年ジャンプ」で見たことがある”と、明らかにハンターハンターを意識した発言。この時も「ケンコバのぶっこみ笑うwww」「編集者の苦笑いにツボった」と反響が。

連載していなくても話題になってしまうハンターハンター。とりあえず今は、早めの再開を願うばかりだ。

⇒『ハンターハンター』最新巻を「U-NEXT」で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.