赤ちゃんのうんち・おしっこを手軽に記録! ワンオペ育児の負担を減らす「うんこボタン」発売

押すだけで赤ちゃんの排泄を記録できるボタン装置「うんこボタン」が、2018年4月24日(火)に発売される。

昨年末より国内大手のクラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを実施。目標金額を上回る資金調達に成功し、SNSでも話題を呼んでいた。

近年では母親が孤立した状態で子育てをする「ワンオペ育児」が深刻な社会問題となりつつある。「ワンオペ育児」がもたらす大きな問題のひとつは、母親が育児について誰かに相談したり、状況を共有したりできないために蓄積されていく「孤独」。

解決策として、「Baby Tech」と呼ばれる赤ちゃん用IoT機器の数々が注目を集めている。同商品も「Baby Tech」の一種で、孤独な子育てによる母親の精神的負担を軽減するために企画開発された。

ハードウェアはプラスチック製で、ボタンスイッチとLEDランプをそれぞれ2つ搭載している。それぞれのボタンスイッチに「うんち」と「おしっこ」を割り当てており、ボタンを押すと排泄時のできごとや日付、時刻をウェブアプリに記録可能。さらに指定したLINEのグループに通知を発信する機能もある。情報を手軽に記録し、SNSでつながっている相手と共有すれば精神的負担を減らせるだろう。

■「うんこボタン」
価格:3,600円(税込)
箱サイズ:125mm×30mm×84mm
重量:55g(内ボタンデバイス単体は45g)
企画開発、発売元:株式会社144Lab
⇒詳しくは「うんこボタン」公式サイトまで