「改めて欅坂46は幸せなグループです」 欅坂46のデビュー2周年記念ライブにファン熱狂!

欅坂46が2018年4月6日(金)~4月8日(日)にかけて、「武蔵野の森総合スポーツプラザ」にてデビュー2周年を記念したライブを開催。3日間で計2万4千人の大観衆を熱狂させた。

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

デビュー当初に欅坂46は、女性アーティストデビュー作のオリコンウィークリーポイント歴代1位の新記録を樹立。リリースシングルはすべてオリコンウィークリーチャート1位を記録し、2年連続で「NHK紅白歌合戦」への出場も果たすなど快進撃を遂げてきた。

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

ライブ会場では観客の大合唱「Overture」に迎えられて登場し、「ガラスを割れ!」で公演がスタート。サビの中盤では火柱が立ち上がり、メッセージ性の強い歌詞と力強いダンスで楽曲の世界観に引き込んでいく。続く2曲目では雷を連想させる照明演出で「避雷針」へと繋がっていき、「君をもう探さない」や「もう森へ帰ろうか?」と4曲続いてライブが繰り広げられる。

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

MCをはさんで上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵、米谷奈々未が登場し「バレエと少年」の楽曲でライブはユニット曲のブロックへ。「再生する細胞」のイントロが流れると、今泉佑唯がセンターステージに突如現れる。堂々とソロ曲を歌い上げる今泉に応えるように、会場は青のペンライト一色に染まった。

続いて長濱ねるのソロ曲「100年待てば」では、虹やユニコーンなどのバルーンがセンターステージに向かって歩く長濱の先々に登場。うさぎのキャラクター2匹と共にステージを歩く長濱の姿に、観客も掛け声を揃えて盛り上げていく。

そのまま尾関と小池が登場し、“欅坂46史上もっともかわいらしい楽曲”とされる「バスルームトラベル」を披露。1stアルバムから最新シングルで多くのユニットが結成されたグループのメンバーが持つ個々の魅力を改めて感じさせた。

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

そしてライブは後半戦へ。「1行だけのエアメール」「ゼンマイ仕掛けの夢」を“ゆいちゃんず”が歌い上げるとダンスパートに入る。迫力あるパフォーマンスに食い入るような観客の目線が集まった。そのまま「月曜日の朝、スカートを切られた」、「エキセントリック」を披露。欅坂46の世界観を改めて感じさせるパフォーマンスに、会場のボルテージもヒートアップしていく。

「危なっかしい計画」では菅井友香と織田奈那の掛け声に合わせてタオルを振り回すと、楽曲は「風に吹かれても」へ。満面の笑みで楽しげに歌うメンバーにあわせて観客も「That’the way!」と声を上げる。本編の最後は菅井をセンターに「不協和音」を渾身のダンスと歌唱で披露し、結成して2年のグループとは思えない緩急自在のパフォーマンスで貫禄を漂わせた。

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

アンコールを受けて「二人セゾン」の楽曲で再登場したメンバーは、続けて鈴本美愉をセンターにデビュー曲「サイレントマジョリティー」を披露。

MCでは、キャプテンの菅井が「改めて欅坂46は幸せなグループです。悔しい時もありましたが、そんな時は皆さんが勇気や自信をくれました。本当に感謝しています。今日はてち(平手友梨奈)や愛佳(志田)が欠席しちゃったけど、私たちが成長することで、安心して戻ってこられる居場所を今は作りたいです。初心を忘れずにもっと成長したいとおもいます。3年目を迎えたわけですけど、私たちを信じてください。これからも応援よろしくお願いします!」とファンへの感謝の気持ちと決意を述べた。

そして「太陽は見上げる人を選ばない」で終了かと思う中、鳴りやまぬアンコールを受けて「ガラスを割れ!」を披露。デビューして2年で培ってきた確かな実力を、魂を込めたパフォーマンスで発揮した。デビュー3年目を迎えて大きくスケールアップする欅坂の、一挙手一投足から目が離せない。

Photo by 上山陽介

Photo by 上山陽介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.