「Nintendo Switch」と「PS4」はどっちが売れた? 2017年度「国内家庭用ゲーム市場」調査速報

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、2017年度の国内家庭用ゲーム市場について速報を発表したのでご紹介しよう。(集計期間2017年3月27日(月)~2018年3月25日(日))

2017年度国内家庭用ゲーム市場規模:3,878.1億円
2017年度の家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト合計で前年対比121.8%の3,878.1億円に。2017年3月に発売された「Nintendo Switch」が好調で、ハード・ソフトともに市場を大きく牽引。家庭用ゲーム市場は、2016年度に続いて2年連続の前年比増になった。


2017年度のソフトランキングトップは、219.8万本を販売した「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(ポケモン/2017年11月発売/3DS)。「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス/2017年7月発売/3DS・PS4)は、2機種合計311.7万本でタイトル別合算では最多の売り上げに。また、2017年度は7本のタイトルが100万本を突破する結果になった(2016年度は4タイトル)。

一方、ハードでは「Nintendo Switch」が351.3万台を販売し、2017年度ハード販売台数の首位を獲得。累計は400万台を突破している。ソフトタイトルでも「スプラトゥーン2」(任天堂/2017年7月発売/Switch)をはじめとして3タイトルがミリオンに到達した。なお「モンスターハンター:ワールド」(カプコン/2018年1月発売/PS4)の好調が後押しになったプレイステーション4は、203.6万台を販売して2位を獲得している。

2018年度の家庭用ゲーム市場は、「Nintendo Labo」(任天堂/2018年4月20日(金)発売予定)のほか、「大乱闘スマッシュブラザーズ」(任天堂/2018年発売予定/Switch)や、「キングダム ハーツIII」(スクウェア・エニックス/2018年発売予定/PS4・Xbox One)といった注目作や人気タイトルの発売が予定されており、今後も市場動向が注目されている。

■2017年度の国内家庭用ゲーム市場についての調査
集計期間:2017年3月27日(月)~2018年3月25日(日)
※ファミ通調べ
「ファミ通」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

>