一緒に試合を観戦したい芸能人は?「プロ野球に関する調査2018」実施!

全国のプロ野球ファンが日本のプロ野球にどのような思いを持っているのか把握するため、スカパーJSAT株式会社が「プロ野球に関する調査2018」を実施。全国の20歳~79歳のプロ野球ファン2,000名に対して、2018年3月6日(火)~3月8日(木)にかけてインターネット調査を行った。

「好きなプロ野球解説者」についての質問では、1位に「江川卓」がランクインしている。2位は僅差で「古田敦也」、続けて3位に「野村克也」、4位は「桑田真澄」、5位が「掛布雅之」という結果に。男女別にみると、男性ファンの1位は「江川卓」、女性ファンの1位は「古田敦也」の名前が挙げられている。

次に「一緒に観戦したら楽しそうな芸能人」を聞いたところ、男性芸能人では「中居正広」がダントツの1位。2位は「明石家さんま」、3位「亀梨和也」、4位「出川哲朗」、5位「ビートたけし」という名前が続いた。女性芸能人では、1位は「石原さとみ」、僅差で2位は「千秋」、3位「稲村亜美」、4位「綾瀬はるか」、5位「吉永小百合」という順位に。

「始球式で投げてほしい芸能人」を聞いたところ、男性芸能人では1位「中居正広」、2位「亀梨和也」、3位「福山雅治」となった。女性芸能人では、1位は「石原さとみ」、2位「稲村亜美」、3位「綾瀬はるか」という結果。1位の「石原さとみ」はここ数年、毎年始球式を務めており、マサカリ投法やトルネード投法、サブマリン投法を披露して球場を沸かせている。2018年はどんな投法を披露してくれるのか、楽しみにしているファンも多いだろう。

「プロ野球の場内アナウンスをしてほしい芸能人」を聞いたところ、男性芸能人では1位「中居正広」、2位「明石家さんま」、3位「川島明」になった。「中居正広」は、「一緒に観戦したら楽しそう」「始球式で投げてほしい」「プロ野球の場内アナウンスをしてほしい」の部門で三冠を達成している。

一方、女性芸能人では1位が「石原さとみ」で、2位は「綾瀬はるか」。3位は「吉永小百合」と「壇蜜」が名を連ねている。女性芸能人では「石原さとみ」が、女性芸能人ランキングで三冠を達成。男女揃って“三冠王”が誕生した。

続いて「芸能界入りしたら、絶対に売れると思う元プロ野球選手」を聞いたところ、1位は「新庄剛志」で2位が「森本稀哲」という結果に。現役時代は個性的なプレーでファンを魅了し、引退後も破天荒な暮らしをしているといわれる「新庄剛志」なら芸能界でも活躍できると感じるファンが多いようす。また、「新庄剛志」に影響を受けたとされている「森本稀哲」が2位となり、師弟コンビがワンツーフィニッシュを決めている。

「野球好き女子だと思う女性芸能人」を聞いたところ、1位「千秋」、2位「稲村亜美」、3位「磯山さやか」となった。男性に限定してみると1位「稲村亜美」、2位「千秋」、3位「磯山さやか」、4位「山本彩」となっている。5位には「スカパー!プロ野球PRアンバサダー」を務める「倉持明日香」がランクイン。

さらに「イケメンだと思っている選手」も訊ねてみた。1位は「坂本勇人」、2位「小林誠司」、3位「柳田悠岐」、4位「浅尾拓也」、5位「鳥谷敬」となり、巨人の選手が上位2位を占めている。

また、「日本プロ野球史上最強の助っ人選手」だと思う選手を聞いたところ、1位「ランディ・バース」、2位「ウォーレン・クロマティ」、3位「アレックス・ラミレス」、4位「デニス・サファテ」、5位「アレックス・カブレラ」と「オレステス・デストラーデ」となった。

監督についても質問を実施。まず、「好きな監督」を聞いたところ、1位は「工藤監督」、2位は僅差で「ラミレス監督」、3位「栗山監督」となった。選手時代から注目を集め、2017年にはソフトバンクを日本一に導いた工藤監督の高い人気が伺える。

「采配が上手いと思う監督」を聞いたところ、1位「工藤監督」、2位「ラミレス監督」、3位「栗山監督」という順位に。次いで「選手のやる気を上手く引き出している監督」を聞いたところ、1位「ラミレス監督」、2位「栗山監督」、3位「工藤監督」となった。

「職場の上司になってほしい監督」を聞いたところ、1位「栗山監督」、2位「工藤監督」、3位「ラミレス監督」という名前が挙がっている。さらに、「子どものクラスの担任になってほしい監督」を聞いたところ、1位「栗山監督」、2位「ラミレス監督」、3位「工藤監督」の3人がランクイン。いずれの質問にも同じ3名の監督が名前を連ねており、ファンから寄せられる信頼の厚さが垣間見える。

<調査概要>
調査地域:全国
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする20~79歳のプロ野球ファン
調査期間:2018年3月6日(火)~3月8日(木)の3日間
調査方法:インターネット調査
有効回答数:2,000サンプル(内訳:男性1,000サンプル、女性1,000サンプル)※各年代で概ね均等になるように抽出
実施機関:ネットエイジア株式会社
※「スカパー!」調べ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。