とろサーモン・久保田「笑いの神がまた俺で遊んでる」 Google先生のナレッジパネル芸が話題

時たま利用者の予測を超えた検索結果を表示してネット上で定期的に話題になる検索エンジン「Google」。これまでも「モテる大学」の検索結果で「慶應義塾大学」を表示したり、「蟹の形」のワードで「聲の形」が検索出来たりと、様々なミラクルを起こしてきた。そんな「Google先生」が最近“ナレッジパネル”という機能で本領を発揮して話題になっている。

“ナレッジパネル”とは芸能人の名前などで検索すると、右に表示されるちょっとしたデータベースのこと。ネット上の様々なソースをもとに自動生成されており、例えば「木村拓哉」と検索すると、彼の顔写真やWikipediaの情報、生年月日、年齢、過去の出演作などが表示される。

今回注目を集めたのは、ナレッジパネルに表示される顔写真。恐らく表示される顔写真もネット上に存在する画像から自動的に選ばれているのだろうが、「『松本潤』で検索すると面白すぎる!」との報告が相次いだ。

実際に「松本潤」で検索してみると、ナレッジパネルには何故か松田龍平の顔写真が(3月15日現在)。写真をクリックしてみると「ライブドアニュース」に掲載された「嵐の松本潤 松田龍平が高校時代に突然キレたエピソードを告白」という記事へのリンクが表示されるので、このニュースに使われている松田龍平の写真が松本潤の顔写真として選ばれてしまっただけなのかもしれない。しかしネット上では「松じゅ… 松田兄やんけ!」「『松』しか合ってないのはさすがに笑う」「Google先生ご乱心か?」と驚きの声が続出している。

そんな「松田龍平(松本潤)」よりもさらに注目を集めたのは「堂本剛」の検索結果。堂本剛はとろサーモンの久保田かずのぶとディスり合いがネットニュースで話題になっているが、その結果か「堂本剛」で検索すると久保田の顔写真が表示されるようになってしまった。

こちらも「剛くんちょっと太った?(笑)」と大いにネットユーザーを笑わせたが、それだけでなく久保田本人も自身の「堂本剛化」について言及。「kinki メンバー」で検索をかけたら堂本光一の横に自分の顔写真が並ぶことを取り上げ、Twitterに「笑いの神がまた俺で遊んでる」とのコメントを寄せている。

秀逸なナレッジパネル芸で、お笑い芸人の“笑いの神”にもなってしまったGoogle先生。次はどのような検索結果で人々を楽しませてくれるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

【いとうあいかの「2次元ブンブン!!」】第7回~セーラームーン試写会に行ってきた~ いらっしゃいませ! ようこそ、「いとうあいかの二次元ブンブン!」へ! お久しぶりです。 2021年になって最初の投稿となりますが、皆様は素敵なお正月を過