山里亮太、芸人とアプリで“顔交換”をするモデルを一喝! テレビ番組「山里亮太のナナ目線」が攻めすぎ!?

リムジンで女子会をしたり写真を撮るためだけにアイスを購入したり、あの手この手で“いいね”を稼ごうとするインスタ女子たち。そんな女性の不可思議な行動に疑問を抱く人々の間で、「山里亮太のナナ目線」というテレビ朝日系の番組が話題になっている。

同番組は“イマドキ女子”の理解できない行動に、男性芸能人と山本雪乃アナウンサーが切り込んでいくという内容。司会は“SNS警察”でお馴染みの山里亮太が務めるのだが、彼の若干ひねくれつつも鋭い発言や、ゲストと繰り広げるトークに共感する人が続出。「山ちゃんがキレッキレで面白い!」「イマドキ女子に対して言いたい放題でスッキリする」と話題沸騰中だ。

例えば3月12日の放送回には、パンサーの菅良太郎と和牛の水田信二がゲストで出演。この日も世の女子たちを“斜め目線”で語り、視聴者を沸かせている。まず注目を集めたのは菅が提示した理解できない女子の行動。Instagramに「♯残り物」のタグをつけてどう見てもガチな料理の画像を投稿する女子を取り上げ、山里を「そこね!」「これはね… いいもの持ってきましたよ」と唸らせた。

さらに菅は“自分が可愛く写るためには仲間も犠牲にする女子”について「ダレノガレさんが良く使う手法」として紹介。どうやら菅曰く、自分をよく見せたいために回りの女子の表情が微妙な写真をあえて投稿したり、女性芸人を近くに配置しがちだという。

これには山里も思うところがあるようで思わず拍手。その後「いつも思う、オカリナはパセリじゃねえぞ」「すぐオカリナを添える」「今はゆりやんも添えられがち」とまくしたてた。すると水田が「あと誠子ね」と尼神インター・誠子の名前も挙げ、話を膨らませる。しかし誠子に至っては“添えられる”だけではないようで、山里はすかさず「モデルたちの一番悪いところ」「誠子と“顔交換アプリ”をする。これは悪質だよ」と深掘り。その後芸人との“顔交換”で遠回しに自分の魅力をアピールするモデルたちへ、「これは盗賊ですよ!」と言い放った。

相変わらずの攻めたトークに、視聴者からは「見事な“ナナ目線”で感動すら覚える」「山ちゃん今回もガツガツ斬りこんでるなぁ(笑)」「菅さんの着眼点も見事! これはSNS警察の素養がある!」「水田もめっちゃ生き生きしてたな」と絶賛の声が続出。今回もイマドキ女子たちに疑問を抱く人々の代弁者として、存分に切れ味を発揮したようだ。

ちなみにダレノガレ明美のInstagramを見てみると、確かに渡辺直美や安藤なつといった面々の姿が。他意はないのかもしれないが、たまには世の中を“ナナ目線”で切り取っても面白いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

【いとうあいかの「2次元ブンブン!!」】第7回~セーラームーン試写会に行ってきた~ いらっしゃいませ! ようこそ、「いとうあいかの二次元ブンブン!」へ! お久しぶりです。 2021年になって最初の投稿となりますが、皆様は素敵なお正月を過