タイトルが隠れてる!? ゆうまおさんが歌う「みちしるべ」のサビを縦読みすると……

■ただ作品に合うワードを選んでいるだけじゃない!

歌詞の“ある部分”を繋げて読んだら……

どちらのヒロインを選ぶかで当時話題となった2006年のアニメ「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」。同作のED曲「みちしるべ」は、ピアノ弾き語りアーティスト・ゆうまおさんが歌うゆったりとしたナンバーです。

「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」公式サイトより

「優しさでかくすヨワムシ」「そんな顔させてごめんね」などの切ない歌詞は、様々な恋愛模様を繰り広げるキャラクターたちにぴったり。しかし「みちしるべ」の歌詞には、さらなる仕掛けが隠されていました。

注目するのはサビの「かなしみを越えて」から始まる部分。順番に頭文字を繋げると「か・し・ま・し」と作品タイトルが出てくるのです。大事なサビにタイトルを使うとは、愛を感じますよね。

「みちしるべ」は別バージョンもある!?

作品にマッチした楽曲の「みちしるべ」ですが、キャラクターが歌う別バージョンも存在。キャラクターごとに若干歌詞も違い、例えば原曲の出だしは「どこまでもつづく道なら」のあとに「いつかまたキミに出逢えるの?」と続きます。

一方ヒロインの1人・やす菜の場合は「もう少し私はつよくなるよ」という歌詞に変化。人知れず苦悩をかかえているやす菜の、前向きな気持ちが感じ取れる歌になっています。

ちなみに主人公の幼馴染・とまりは「いつまでもキミといられるの?」と歌唱。主人公を想うとまりの気持ちが伝わってくる歌詞に、思わずキュンキュンしてしまいますよ。

こだわりがたくさん詰まったワードで綴られている「みちしるべ」。全バージョンの歌詞を比較しながら聴くのも面白そうです。

(文=ザ・山下グレート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.