ヒーロー性と公平性を持ち合わせたジェイソン!? 「13日の金曜日」シリーズ1~8作目を徹底解説

 

豚乙女のボーカルのランコです。
この連載は私が好きなものを好きなように紹介していく記事になっております。

ハロウィンは終わってしまいましたが、今回はハロウィンっぽいテーマのお話です。

皆様、13日の金曜日というホラー映画シリーズはご存知でしょうか。
今回のテーマは「ジェイソン」です。

私、この連載の第二回にて「小さい時にゴジラと鬼太郎ともう一つ好きなものがあった」と言っていたのですが、それがこの「ジェイソン」なんです。

ゴジラと鬼太郎とジェイソンが好きな女児、どうなんですかね。自分の子供だったらかなりウケるなって感じですけど。

しかし、ジェイソンをなぜ好きだったのか? 全然覚えていないんです。
なので記憶を辿る旅をしようと、公開年的に幼い頃に見たであろう第8作目まで見ました。駆け足で紹介したいと思います。

1作目~4作目は、ジェイソン・ボーヒーズという人間がどんな経緯で殺人鬼になったのかを描いたシリーズ。彼は子供の頃、先天性奇形のせいで苛められ、湖で溺れ死んでしまいます。1作目は彼の母親が犯人です。子供を亡くしておかしくなってしまい、湖に近づく関係ない人間も殺してしまうんですね。ラストで母親は主人公に殺されますが、湖からジェイソンが復活します。

2作目3作目はその復活したジェイソンが、湖にやってくるキャンプの客や住人を殺しまくります(ちなみにホッケーマスクをつけだしたのは3作目からです)。3作目のラストでジェイソンは死に、病院に運ばれますが、4作目で生き返り、湖の近くに住んでいた子供、トミーに殺されて終わります。

5作目はそのトミーが主人公です。彼はジェイソンを殺したことにより精神を病み、サナトリウムに入ります。今度はそこにまたジェイソンが現れ殺人が始まるというストーリーなのですが、実はジェイソンは生き返っておらず、地元の人間が模倣犯だったというオチ。しかしトミーは幻覚に苛まれ続け、ついには自分がジェイソンに成り替わってしまう、というラストでした。興行収入的にはいまいちだったらしいですが、私は結構好きでした。現代のホラーっぽくて。

6作目、先述した理由により、4作目で死んだはずのジェイソンが生き返ります(前作とは話が繋がりません)。内容は、トミーがジェイソンを生き返らせてしまい、そしてトミーが湖にまたジェイソンを沈めます。

7作目は超能力少女が主人公です。彼女は幼い頃その力でジェイソンが沈んでいる湖に父親を沈めてしまいます。成長して湖に戻って来た彼女が父親を蘇らせようとして、間違ってジェイソンを蘇らせてしまうんですが、この少女、めちゃくちゃに強く、ジェイソンを超能力でボコボコにした挙げ句、最後は蘇らせた父親とともに湖にまた沈めます。なんだこの話。

8作目、私の記憶にかすかに残っていたのはこの映画でした。湖の底に沈んでいたジェイソンは感電で目覚め、船を乗り継いでニューヨークへと行きます。自分と同じホッケーマスクの看板に首を傾げたり、絡んできたチンピラにマスクの下の顔を見せて驚かせるなど、愛嬌たっぷりです。ニューヨークという大都会で目に入るもの全てを殺すのは骨が折れるからなのか、主人公を追っている際街中の人間を殺したりはしませんでした。また意図せず女性をごろつきから救ったり、肉弾戦を挑まれてたっぷりパンチを打ち込まれた後「お前の番だ」と言われるまで攻撃を待ったりと、謎のヒーロー性と公平性を持ち合わせています。思い出補正もありますが好きな映画でした。

ということで私が好きなのは5作目の「新・13日の金曜日」と、8作目の「13日の金曜日PART8/ジェイソンN.Yへ」でした。

ゴジラほどの「推し」という気持ちにはなりませんでしたが、後日見たフレディvsジェイソンではきっちりジェイソンを応援していました。

子供と動物は殺さないし、のっそりした動きとか呼ばれたら反応しちゃう仕草とか、確かにまあ、かわいいとは思う。

(C)豚乙女

(C)豚乙女

これは先日買った靴と今の爪です。右手の中指にジェイソン。
こうして見ると結構ちゃんと好きですね。わかって良かったです。

お読みくださりありがとうございました! 13日の金曜日、見てみてね~!

 

ランコ

(C)豚乙女

2月20日生まれ。血液型B型。
クリエーターグループ『豚乙女』のVo。
歌うために生まれてきた人間。
作詞では生々しい感情を吐き出している。
ファッション、特にタイツ、靴下など 足下お洒落に目がない。
趣味は二次創作。
Twitter:https://twitter.com/butaotome_ranko
公式webサイト:http://www.butaotome.com/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCliG2TPBFMc6zweohklZxFQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.