アオアシ 267話 ネタバレ「悪魔出現」遂に始まった青森の猛攻に対して必死の抵抗を見せるエスペリオンだが…。

■動き始めた絶対エース北野蓮

青森怒涛の攻撃に耐えるエスペリオン

2021年9月6日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』40号に掲載された『アオアシ』267話「悪魔出現」。徐々に明らかになってくる青森フォーメーションの驚きの全貌とは…。

「ビッグコミックBROS.NET」公式サイトより

高速パス回しでエスペリオンゴールに迫った青森だったが、樋沢のシュートは阿久津がカットし難を逃れる。中盤5人の動きに注目して勢いを止めに掛かるエスペリオンイレブンだが、調子を上げてきた蓮の前に遊馬と桐木さえも翻弄されてしまう。

蓮を中心とした高速パス回しで、再度エスペリオンゴールに襲い掛かるが志村と秋山で弾き返したボールを阿久津が辛くもクリア。エスペリオンはなんとか粘りで凌いでいる様子だ。

蓮によるフィールドの支配が始まる

中盤の4人だけではなく青森イレブン全員が蓮の意識を共有いていることに福田は気づく。その証拠に蓮は青森の統制だけではなく、エスペリオン側のフォーメーションまでグチャグチャに搔き乱していたのだった。

今週のアオアシを読んだ読者からは、「そろそろアシトの出番か?」「守備でもアシトが覚醒する?」などアシトVS蓮を期待する声が見られた。

まだまだ蓮の勢いは止まりそうにない雰囲気。次週、アシトの活躍は見れるのだろうか?

(文=うさかんむりワタル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.