僕のヒーローアカデミア 324話 ネタバレ「未成年の主張」みんなが最高のヒーローになるまでの物語… 麗日の想いにデクも読者も涙!

■ヒーローが辛い時、ヒーローを守るのは?

全ての人の笑顔の為に

2021年8月30日発売『週刊少年ジャンプ』39号に掲載された『僕のヒーローアカデミア』。324話「未成年の主張」では、デクを守るため必死に説得を続ける麗日だったが…。

『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

改めて、デクのボロボロな姿に動揺する人々。デクに助けられた女性は、その後もデクがずっと戦っていた事に気づく。それでもなお反論する人に対し、麗日は「泥を払う暇を下さい!!」と呼びかける。人が喜ぶ顔が好きだった麗日。「ヒーローたちが辛い時 ヒーローを守るのはきっと――」と、自らが子供の頃、負傷したヒーローを励まし笑顔にしていた人々の事を思い出していた。今この場で安心させることはできないと言い切るも、共に明日を笑えるように力を貸してほしいと頼み込む麗日。その時脳裏をかすめたのは、涙を浮かべて笑うトガの姿だった…。

麗日の想いにデク号泣

麗日はさらに、デクが休んで備えることを許してほしいと懇願。そしてデクについて「力の責任を全うしようとしてるだけの―――」「普通の高校生なんです!!」と言い、「ここを 彼の ヒーローアカデミアでいさせて下さい!!」と叫ぶ。麗日との出会いを思い出し、彼女の言葉に泣きながら崩れ落ちるデク。その姿に、デクに助けられた女性と洸太は思わずデクの元へ足を踏み出すのだった。

読者からは「本当にお茶子の言葉が響いて、号泣した…」「サブタイトルに『麗日お茶子:オリジン』も付け加えたいくらいだ」と、お茶子の力強い言葉に感動する声が。次回、麗日の強い想いで人々は「あと一歩」を踏み出せるのか?

(文=ベジナハモッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.