暁のヨナ 212話 ネタバレ「ユン阿波へ」ついに手に入れた千樹草! ギガン船長のあたたかさが身に染みる!!

■ユンをあたたかく迎えるギガン船長

千樹草を手に入れたユン

2021年8月19日発売「花とゆめ」18号。『暁のヨナ』212話「ユン阿波へ」は、ヨナが今まで頑張ってきた証が伝わってくる回だった。

アニメ「暁のヨナ」公式サイトより

阿波へ無事辿り着いたユン。「ドオン」という大きな音を聞き、港に向かう。ギガン船長の船が南戒の船を追い払っていたのだ。群衆の中にいるユンに気づいたギガン船長。ユンはあっさりと千樹草を手に入れることができた。

さらに、ハクからの伝言を読んだギガン船長は協力してくれることに。また、ヨナのことを気にかけ「いつでも来な」とユンに伝言を頼む。王の病が治ればヨナは自由になれると思うユン。そして、「こんなにヨナを想ってくれる人がいるのはヨナが諦めず歩んできた証なんだから」と感じるのだった。

満身創痍でも立ち上がるハク

南戒・鳳凰宮。ヴァル将軍は、ヒッタン将軍から今度の戦に出陣しない理由をたずねられていた。そこへラーン将軍が現れ、金州に赴くことを伝える。それは新米のくせに部隊を壊滅させた兵士が現れたためだった。ラーン将軍はすごくお金のかかる策を用意したようで、「勝つ為にたくさんお金を支払う人が神様から愛されるんです」と宣言する。

金州では、連日戦いが続いていた。夜も見張りをし、怪我までしているハクをカルガンは気づかう。医術師を呼ぼうとするが、ハクはそれを止める。そこへ再び「敵襲だーっ」との声が! ボロボロの体で、ハクは敵に立ち向かっていく!!

ユンとギガン船長のやりとりを見た読者からは「ギガン船長かっこいい!」「ヨナたちが今まで頑張ってきたからだね」という喜びの声が上がった。一方で金州のシーンでは、「ボロボロのハクを見るのがツライ」との声も。ハクは大丈夫なのか? ラーン将軍のすごくお金がかかる策とは何なのか? 次回の『暁のヨナ』も目が離せない!

(文=ターバン美津子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.