お嬢と番犬くん 29話 ネタバレ「まじまじと追憶」デートに出かけた一咲と啓弥! 四道がこっそりついて行く?

■ラブラブなデートの始まり始まり

「太った」一咲のお腹をプニる啓弥

2021年8月12日発売の『別冊フレンド』9月号に掲載の『お嬢と番犬くん』。29話「まじまじと追憶」では、一咲と啓弥が恋人になっての初めてのデートに出かけていく。

「講談社コミックプラス」公式サイトより

啓弥に一咲との関係を「どういうコトや」と問いただす四道。「一咲さんのパパでママでお兄ちゃんで恋人です」と答える啓弥。そうした関係を瀬名垣組長も許していると聞いた四道は、わずかに戸惑いつつも「僕らみたいな稼業の男とあんな普通の女のコに 未来なんかあるワケがないやろ」と言い切る。一瞬沈黙した啓弥だったが、「彼女が俺から離れるコトはありえません」「俺が離さないからです」とこちらも言い切った。それを聞いた四道は「傷は浅い方がええ 別れろ」と言い残して部屋を出ていく。

上機嫌でコーヒーを入れている一咲。そこに現れた四道は何か言おうとするものの、笑顔の一咲に何も言えない。その後にシュークリームとコーヒーで甘いひと時を過ごす一咲と啓弥。「ちょっと太ったんだよね…」と告白する一咲に、啓弥が「触りたいです」と怪しい発言。さすがに一咲は抵抗するものの、その代わりと要求したキスに便乗して啓弥は一咲のお腹をぷにぷに摘まむ。そんな甘々な雰囲気の中で土曜日のデートが決まった。

ウサ耳の一咲と犬耳の啓弥

そして土曜日。「やっぱり あの人の代わりに僕が」と決心した四道は啓弥の部屋を訪れるが、啓弥は一咲とテーマパークに出かけていた。啓弥とテーマパークの組み合わせを想像できない四道は、「ホテルに連れこまれてるんとちゃうか」と一咲を心配してしまう。その頃の一咲と啓弥はテーマパークを目いっぱい満喫。ウサ耳を付けた一咲と犬耳を付けた啓弥はキスやハグをしつつカップル写真の自撮りを楽しんでいた。

2人を陰から見つめる男の影。もちろん四道だ。熊耳をつけた異様な雰囲気の四道は周囲の注目を集め、啓弥の護衛からも不審の目で見られる。啓弥の護衛と四道の子分とが喧嘩になりそうなところを止める四道だったが、それはさらなる大騒ぎになっただけ。一咲と啓弥の様子から自分の推測が間違っていたことを悟った四道。一咲の母である翠を思い出しながら「僕は所詮 部外者や アイツらに何も言う権利は無い」と帰りかける。しかし偶然にも一咲と啓弥カップルと合流してしまう。

同話に対して、ネット上では「四道が一咲を心配する気持ちも分かる」と言う人もいれば、「四道と翠の過去の関係をもっと知りたい」といった声も。単なるおジャマ虫以上の存在になりそうな四道の言動から目が離せない。

(文=ターバン美津子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.