ふたりで恋をする理由 49話 ネタバレ なかなか進展しない“ムズキュン”恋模様

■なかなか進展しない恋模様

美園の切ない表情がかわいすぎる!

2021年8月5日発売の『マーガレット』17号に掲載された『ふたりで恋をする理由』49話。前話ではうららに一緒に帰ろうと誘った美園が、オビに取られまいと動揺し思わず手をとって走り出してしまう…。

集英社コミック「S-MANGA」公式サイトより

「待って どこ行くの 美園くん」とうららが呼びかけるも、止まってくれない美園。あまりの速さに足がもつれ、ついにうららの靴が脱げてしまう。ようやく我に返って止まった美園は、うららをベンチに座らせ落とした靴を取りに行く。

美園を待つ間、オビからうららに電話が。母親が熱を出し、その看病のため今日は会えなくなったとのこと。お大事にねと電話を切ると、そこに美園が戻ってくる。

ひとりで考えなくては…

うららは「美園くんどうしちゃったの?」と話を切り出す。「私とオビ君が会うのが嫌だったの…?」と聞くと、美園はなんとも言えない切ない顔で「うん」と答えた。

それに対してかわいいと思ってしまううららだが、いくら嫌だからって人の邪魔をしようとしてはダメだと怒る。駅まで一緒に行こうとする美園に、うららは「一緒には帰らない」「しばらくひとりで考えさせて」とその場をダッシュで立ち去ってしまった。いつまでも曖昧な気持ちのまま、フラフラ流されている自分を変えたかったからだ。

早く答えを出そうとひとりで考え込むうらら。その様子を友達の由花子は気づいていた。由花子とその彼氏・瑠衣との馴れ初めに、眉間にシワがよるほど興味津々のうらら。それに対し由花子は、「一緒に考えるから うららが悩んでる事全部聞かせて?」と投げかけるのだった。

ネット上では「一向に進まない展開にモヤモヤ」「由花子の登場で少しは発展するかな?」と、次の進展を期待する声が。果たしてうららの気持ちに整理はつくのか、次の展開に期待が高まる。

(文=マルデガワ咲)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.