かぐや様は告らせたい 223話 ネタバレ「四宮かぐやの無理難題『仏の御石の鉢』編8」友情は復活するのか? 伊井野に突きつけられた「無理難題」とは

■恋? 友情? 2人は仲直りできるのか

恋ではない「好き」の形

2021年8月5日発売の『週刊ヤングジャンプ』36・37合併特大号に掲載された『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』。第223話「四宮かぐやの無理難題『仏の御石の鉢』編8」では、仲違いが続く伊井野と大仏に四宮かぐやが動き出す!

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』原作公式サイトより

明らかに様子がおかしい伊井野と大仏。それを見て「伊井野と喧嘩でもした?」と問う小野寺に、「遅かれ早かれこうなってたと思うしこれで良いのよ」と返す大仏だった。

一方、生徒会室で疲れ果て白銀に心配される四宮。三角関係についての状況を大仏をO美、伊井野をA子として簡単に白銀に説明し、「どちら側に立つべきなのでしょう」とつぶやく。O美は男子の事をそこまで好きじゃなかったのでは… と指摘する白銀だが、「そこも色々あるんですよぉお」と嘆く四宮。「O美は恋愛より友情を選んだ」「O美は男子に対して恋愛感情は既に無い」と話す四宮に、「好きじゃないなら誰と付き合おうと関係なくないか?」と聞く白銀だが、さらに「そこも色々あるんですよぉおぉおお」と四宮は言う。

「応援」であり「他の人にもその子の魅力を知って欲しい感情」であり「幸せを願う感情」でもある「推し」というO美の男子に対する気持ち。前科持ちのA子を素直に応援できないO美の話を聞いて、恋か友情か、「人類は何千年も前から同じ問題にぶつかってきたんだろうな」と白銀は言う。そこへ、白銀を呼びに来る大仏。道中すれ違った伊井野との様子に、先ほどの四宮の相談が誰の事だったのか白銀は察する。

成長した伊井野に四宮の「無理難題」が突きつけられる

そして伊井野は生徒会室で、四宮に大仏と仲直りはしないのかと問われていた。大仏の側に立って考えろと諭す四宮に、人の悪口を言うのは正しい事なのか、間違いを肯定したくないと引かない伊井野。四宮は「正しい正しくないで物事を片づけてその過程を見ようともしない」と、伊井野に対し「だから貴女は子供なのよ」と言い放つ。そして、伊井野の短所を指摘し、物事を正すには順序が大事であり、今の伊井野には「正しい順序を見つけられる能力があると思えない」とズバッと切った。

しかし、それを聞いた伊井野は「分かってますよそんな事」と返答。あの時石上を支えられなかった事、そういう所を四宮と大仏が咎めていることを伊井野は分かっていたのだ。そして、思っていたより成長していた伊井野に「大仏こばちと仲直りしてみなさい」と四宮は言い放つ。

この展開に読者からは「事情を察したらしい会長に期待」「かぐや様がミコちゃんなら白銀が大仏に行けば神展開!」と、白銀が動くのを期待する声が。大仏と伊井野の仲直りは上手くいくのか? こじれた三角関係の今後が気になるところだ。

(文=ヘプノモヒカンGG)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.