メジャーセカンド 235話 ネタバレ「冬合宿2日目」ムチャをする道塁に怒る魚住!! 仲間を想う彼に集まる絶賛の声

■道塁のために怒る魚住が格好良すぎる!!

魚住の剣幕に驚く大吾たちだが…

2021年7月21日に発売された『週刊少年サンデー』34号掲載の『メジャーセカンド』235話「冬合宿2日目」。ムチャをする道塁を叱った魚住に読者から称賛の声が集まった。

アニメ「メジャーセカンド」公式サイトより

風林大尾合同チーム、冬合宿2日目の朝。他の女子たちより早起きした道塁は、外で素振りをしていた大吾と出会う。素振り500回が日課だと言う彼に感心し、あるお願いをする道塁。

その後睦子が洗面所で歯磨きをしていると、魚住と仁科もやってきた。外から音がすることに気づいた魚住が窓を開けると、道塁が大吾を相手にピッチングの練習をしているのだった。

それを見て「おい! 何やってんだ道塁!!」と怒鳴る魚住。道塁と大吾はハッとし、睦子と仁科もその剣幕に驚く。

魚住の真意に気づく道塁

そして朝食の時間、魚住は道塁にさっきの投球練習のことを問い詰めた。大吾がフォローするものの、言い合いになってしまう道塁と魚住。魚住は道塁が毎日投球練習していたと気づき、無理をしていないか心配していた。「まだピッチャーなんて早すぎる」と魚住に諭された道塁は、複雑な気持ちになる。

しかしその日の練習後、道塁は寿也から声をかけられる。魚住は道塁が一人でムチャしないよう、寿也に投球練習を見てやってほしいと頼んでいたのだ。

魚住の気遣いに胸を打たれた道塁。そして本気なら見ると言う寿也に向かい「お願いします!!」と答えるのだった。

道塁のために厳しいことを言い、陰でフォローする魚住。読者からは「魚住は相変わらず有能だな」「さすが魚住くんいい旦那になれる」と彼を絶賛する声が集まっていた。

魚住の真意に気づくことで道塁はさらに成長していくのか? 次回の『メジャーセカンド』も見逃せない。

(文=ベジナハモッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.