東京卍リベンジャーズ 215話 ネタバレ「After a storm comes calm」ドラケンの想いと武道の決意、そして千咒の素顔とは…

■ドラケンと「梵」の共闘の理由が明らかに

マイキーを悪から救いたい! 武道の決断

2021年7月21日発売の『週刊少年マガジン』に掲載された『東京卍リベンジャーズ』第215話「After a storm comes calm」。ドラケンが「梵(ブラフマン)」に所属していることを知り戸惑う武道は、自分のことで「梵」と争うドラケンの元に向かう。

アニメ「東京リベンジャーズ」公式サイトより

「梵は暴走族(チーム)よりもっとヤクザに近い大人の愚連隊だ。黒いウワサもつきまとう。気ぃつけろ……」という乾の言葉を背にドラケンと「梵」の元にやってきた武道。彼の目に映ったのは明司を閉まったシャッターに押し付けるドラケンの姿だった。武道を巻き込んだことについて憤るドラケンに武道が説明を求めると、「梵」の総長である千咒がその理由を代わりに語った。

千咒の意外な姿に読者騒然!

マイキーを連れ戻すためにドラケンは「梵」に籍を置いていること、「梵」は志を失った関東卍會を潰したいと思っていることを明かした上で、千咒は「佐野万次郎をぶっ飛ばす」と宣言した武道を「梵」に勧誘する。

それが自分の目的にかなっているのではないかと感じた武道は「梵」に入ることを決心した。最初は驚いていたドラケンも、最終的には武道の決断に納得。ふたりでマイキーを取り戻そうという気持ちを新たにした。そんな武道に対して千咒が申し付けたのは「荷物持ち」。そして、明日3時に原宿に来るよう伝えると明司と共に去って行った。翌日、約束の場所で待つ武道の前に現れたのはセーラー服姿の千咒だった。

ネット上では「ドラケンがマイキーを諦めてなくてよかった」とドラケンの「梵」入りの理由について安心する様子と、「千咒くん女の子なの!?」と千咒の性別に衝撃を受けている様子が見られた。中には髪型などから「双子ではないか」という推測も。

待ち合わせ場所に現れた少女が本当に千咒なのか、また、マイキーを悪の道から救うために「梵」に入った武道にどんな試練が待っているのか。ますます今後の展開から目が離せなくなってきた。

(文=グレート遠藤)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.