キングダム 686話 ネタバレ「桓騎の狙い」壮絶な拷問にファンが悲鳴! 雷土が叫ぶ一番のクソヤロォで最高の男とは!?

■趙軍の総大将と桓騎軍の雷土

身の毛もよだつ拷問に雷土は…

2021年7月15日に発売の『週刊ヤングジャンプ』33・34合併特大号に掲載された『キングダム』第686話「桓騎の狙い」。龍白親子を惨殺し捕らえられた雷土が総大将の前に引きずり出される。

週刊ヤングジャンプ「キングダム」特設サイトより

末息子を囮に龍白を惨殺した雷土たちは長兄・竜布に捕らえられ、趙軍の総大将・扈輒の前へと連行された。絶対絶命の状況下でありながらも、ふてぶてしい態度の雷土に竜布は怒りをあらわにする。だが、扈輒は龍白を家族のようとしながらも雷土に罪はなく、むしろ軍人としては優秀であり自分も同じことをしたであろうと語った。

だが配下の手前雷土たちを無傷で赦すわけにもいかず、左右を選ばせて指を切り落とす。それだけで責め苦は終わらず、今度は“黒羊”での償いとして腕を切り落とすよう伝えた扈輒は、再び左右どちらにするのか選ばせるのだった。

扈輒の揺さぶりに雷土は?

壮絶な拷問に耐える雷土に対し扈輒は、「桓騎は何を狙っている?」と訊ねる。扈輒は、この戦いで桓騎は死ぬが話せばお前は助かると揺さぶりをかけた。

自分が喋っても文句は言われないし、桓騎ならさっさと言えバカと大笑いするとうそぶく雷土。そして自分たちは今まで散々酷いことをやってきたが、その頭の桓騎は「一番のクソヤロォで最高の男だ!」と叫んだ。――その瞬間ふと、雷土は少しだけ桓騎のことが分かったような気がするのだった。

扈輒は雷土が死ぬまでに必ず吐かせると断言し、竜布を“龍白”に襲名させ雷土隊の殲滅を命じる。

686話に対して読者は「雷土は自分がやったことをやり返されているだけなんだよな」「岳白のセリフがここで利いてくる」といった声や、「黒桜の姐さん、虫の知らせか?」など、桓騎軍の絆に対する声が多く聞かれた。

過酷な拷問にさらされ続ける雷土の命運、そして無謀な戦いをする桓騎の考えとは? 次号も熱い展開を心待ちにしたい!

(文=松本メリコーン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.