魔入りました! 入間くん 212話 ネタバレ「師匠より」弟子の活躍は師匠の喜び! バチコ師匠の弟子への思い!

■女装再登場への伏線? バチコの師匠論も必見!

バルバトス大頭領が目を付けたのは…?

2021年7月15日発売の『週刊少年チャンピオン』33号に掲載の『魔入りました! 入間くん』。212話「師匠より」では、13冠の集いが終わり本家へ出向いたバチコを大頭領の衝撃発言が襲う。大頭領の衝撃発言とは一体何なのか? バチコの師匠としての思いも明らかに。

アニメ『魔入りました! 入間くん』公式サイトより

13冠の集いで責務を果たしてきた旨を、バルバトス家大頭領に報告するバチコ。大頭領は労いの言葉と共に、サリバンが考案した「TS(トリックスター)計画」に興味を示す。そして「実に興味深い出来事があってな」「我々一族にとって重要な鍵となるかもしれん」とバチコに見せた映像はなんと、入間が女装した姿である「イルミ」がアクドル大武闘会で活躍する姿だった。

巧みに弓を扱うイルミを、是非バルバトス家の嫁に迎えたいと考える大頭領に、絶句するバチコ。「13冠候補としてしっかり調査をして参ります!!」と言い残し、慌てて入間の元に向かうのであった。

頑張った弟子達へ、師匠からのご褒美

全魔界に中継される大会で、弓まで使い大目立ちした入間に「人間って自覚ねぇのかおめーはよぉ」とキレるバチコだが、実はプレゼントを用意していることをうっかり口走ってしまう。成績を残し位階も「5」まで上がった評価のしるしとして、「弟子が活躍して! 嬉しくねー師匠なんていねぇーんだよ!!」の本音と共に入間にプレゼントを手渡すのだった。

師匠からの贈り物である、羽の耳飾りを身に着けて嬉しそうな笑顔を見せる入間。また他の師匠達も弟子の活躍を称え、それぞれの方法でプレゼントを渡し労っていた。

バチコや他の師匠達の、弟子への温かい労いが描かれた回だったが、ネット上では「女装はいいの?」「次に女装しても弓は使うなって、フリかな…?」といった声も。今後もイルミちゃん姿で弓を取って戦う姿が見られるのか、期待して見守りたい。

(文=マルデガワ咲)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.