ハニーレモンソーダ 68話 ネタバレ 羽花の界を思う気持ちに感動! 彼女が見つけた将来の夢とは…?

■羽花が界に大胆発言!?

2人は羽花の部屋で勉強することに

2021年7月2日に発売された『りぼん』8月特大号。『ハニーレモンソーダ』68話では、羽花が界を家に招き2人きりで勉強することに。メガネをかけて勉強する界に見とれてしまう羽花だったが…!

「りぼんわくわくステーション」公式サイトより

予備校帰りに、羽花はカットモデルをしている界に会いに来ていた。わざわざやって来た羽花に「ほんとオレのこと好きだな」と言うと、羽花は素直に「うん」と答える。界が金髪にした中学3年生の冬、1人だった自分に声をかけてくれたことを思い出す羽花。あの出会いから2年半、羽花はまだ自分の知らない秘密が界にはあると感じていた。

カットモデルの仕事が終わり、界が図書館に行くと言うので羽花も一緒について行くことに。賑やかな場所が似合う界が図書館にいることに違和感を感じる羽花だったが、界は「本来 静かにのんびり生きたいんだよ」と話し、眠そうにあくびをする。

接客のバイトもして図書館に通い勉強し、家のことも1人でやっている界。そんな彼にはのんびりする暇がないのではと思っていると、界に「おまえといると眠くなる」と言われる。羽花は最後の夏休みのお願いは「これだ」と感じ、突然「私を抱き枕にしてください!!」と頼む。驚く界だったが、羽花の家にお邪魔することに。

キスするつもりないと言ったのに…

界は羽花の母にも歓迎され、部屋に招かれる。好きな人を部屋に入れることがこんなにも緊張することなんだと実感する羽花。ゆっくり眠るために家に来たはずが勉強を始める2人だった。

勉強中、眼鏡をかけている界がかっこいいと羽花は見惚れてしまう。それと同時に、のんびり過ごして欲しいと思っていたのに、自分だけ嬉しい展開に目的が果たせないと焦る。

界のグラスが空になっているのに気づいた羽花は、おかわりを入れようと立ち上がるもグラスの中身を零してしまった。上手くいかないことに落ち込む羽花。「久しぶりに そこまでテンパってんの見たわ」と笑う彼に、メガネしたままキスできるのかなと羽花が聞く。「するつもりないけど」と言われ顔を真っ赤にする羽花だったが、界は突然キスをする。

「してほしそうな表情するから」と言う界に、何のために家に来たのか分からなくてごめんと謝る羽花。それに対して界は、「石森を喜ばせに来た」と微笑むのだった。

次の日学校で話をする2人。家に遊びに来た界に、羽花の父と母は伝言を残していた。「今までひとりでよく頑張った」と言う伝言にめんどくせぇと言う界。その彼の口癖を聞いて、羽花は「私は三浦くんが生きてるだけで嬉しい」と満面の笑みで答える。

花火大会の日、界を探し回っていると人にぶつかってしまい倒れてしまう羽花。そこに界が現れ、羽花は涙ながらに「私建築士になりたいの… なるの」と将来の夢を話した。その理由は、将来界が帰ってくる家を自分で作るため。だからもっと幸せに生きてくださいと涙する羽花に、「何それプロポーズ?」と問いかける界。「うん」と答える彼女を見て、界は幸せそうに笑うのだった。

ネット上では、「羽花の将来の夢が建築士とか、意外なところきた! でも、好きな人が帰る家を作りたいなんて素敵」「界が家族や家庭の本来の温かさを徐々に知っていくといいな」と2人の明るい将来を願う声が。今後、羽花と界が共に成長していく姿が楽しみだ。

(文=サンダーブリブリ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.