「だめだ、笑ってしまう」 吉岡里帆主演「きみが心に棲みついた」第7話、ねじねじマフラーをほどくシーンがシュールすぎると話題

 

2月27日放送のドラマ「きみが心に棲みついた」第7話で、ついに吉岡里帆演じる今日子と桐谷健太演じる吉崎が大人の関係に。しかしその手前のシーンで「だめだ、笑ってしまうwww」という声が続出していた。

下着メーカーに勤める今日子は自己評価が低く、すぐに挙動不審になってしまう女性。大学時代は先輩の星名(向井理)に依存すると同時に、精神的に冷酷な支配を受けていた。星名を忘れたい今日子だが、首元には星名が巻いてくれた中尾彬ばりのねじねじのマフラーをいつも身に着け、お守りのようにして心を落ち着かせている。

そんな今日子はある日職場の先輩に連れられて行った合コンで漫画編集者の吉崎と出会い、吉崎の周りに流されない様子に一目ぼれ。それから今日子と吉崎は紆余曲折を経て付き合うことになったのだが、今日子の会社へ転勤してきた星名はそれをよく思っていないようす。第7話では星名の友人が、大学時代に今日子が星名の命令でストリップをした動画を吉崎に見せつけた。

吉崎に動画を見られたと知った今日子は絶望に沈み、別れを切り出されてしまうと怯える。しかし吉崎は星名とその友人に、ストリップの動画を消すように誓約書まで書かせて今日子の家を訪問。「過去に怯える必要はない。みんななんかあるって」と今日子のことを受け入れた吉崎に、今日子は感動して涙を流す。

2人はそのまま良い雰囲気になると、吉崎は今日子を抱きしめながら押し倒し、今日子の上に覆いかぶさった。そして星名の呪縛の象徴である今日子のねじねじのマフラーに吉崎は手をかける。

「あっ…」とマフラーを守るように握りしめる今日子。しかし「ダメ…?」と吉崎が聞くと、「ダメじゃ…、ないです」と快諾。吉崎は優しくマフラーのねじねじをほどいていき、ついにマフラーを脱がしたのだった。

色気漂う感動のシーンだが、視聴者の中にはマフラーのねじねじをほどくシーンがツボに入ってしまう人が多くいたよう。放送中には「ねじねじほどくのシュールすぎるwww」「こんなに色っぽいマフラーをほどくシーン初めて見たwww」「マフラーを下着みたいに外すなwww」「マフラーほどくのに『ダメっ…』は笑う」といった声が続出。

果たしてねじねじマフラーから解放された今日子に今後どんな運命が待っているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.