新テニスの王子様 339話 ネタバレ「俺達の願い」見事なコンビネーションが炸裂! 勝利の行方は!?

■勝利を喜ぶ日本チーム、そして次の戦いが幕を開ける

種ヶ島の後ろから姿を現した切原!

2021年7月2日に発売された『ジャンプSQ.』8月特大号、『新テニスの王子様』339話「俺達の願い」。倒れこむ種ヶ島の後ろから姿を現したのはやはり切原だった!

『ジャンプSQ.』公式サイトより

もう打ち返せない… と思われたその瞬間、姿を現したのは切原! 最後の1球を見事打ち返し、日本チームの勝利が決まる。ドイツチームには切原の姿が見えなかったのでは、と分析する鬼。「ずっと不会無状態だった種ヶ島が突然姿を見せ、殺気を出しまくっていた切原が殺気をなくす」という見事なコンビネーションで勝利したと言う。「あのタイミングでしか成功しなかったかも知れないね」と入江。日本勢が盛り上がる中、越前は「まだまだっスね」と切原に声をかけ、切原も「ウルセー」と笑った。

種ヶ島と平等院、越前と切原のやりとりに読者歓喜

成長を目の当たりし、柳は幸村に次期部長は切原にするのかと問う。しかし、自分の為だけに戦える切原にとって、部を任せる事は足枷でしかないと答える幸村。かつて柳がそうだったように… と微笑んだ。

そんな中、4種類の「無」を完成させた種ヶ島に「No.1の座は諦めてなかった様だな」と声をかけた平等院。不敵に笑う様子に、種ヶ島は「勝ちや」と声をかける。「そのつもりだ!!」と返した平等院は、ボルクとの戦いへコートに向かうのだった。

「2年前は平等院に『勝てへんでも負けんな』と言っていた種ヶ島が今度は『勝ちや』と声をかける展開アツすぎる」と2人のやりとりに盛り上がる読者が多い中、「今リョーマが赤也のこと切原先輩って呼んだ!?」「赤也の健闘を讃えてる感最高」と、普段先輩呼びをほとんどしない越前が切原を先輩呼びしたことに喜ぶ声も聞こえた。

世界最強の男との戦いはどうなるのか、次回いよいよ平等院がコートに上がる!

(文=トコロドコロ島本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.