僕のヒーローアカデミア 318話 ネタバレ「ヤミクモ」デクに光が…? かっちゃんに賞賛の嵐

■ダークヒーロー・デクの孤独な暴走

全てを1人で救おうとするデク…

2021年6月28日発売の『週刊少年ジャンプ』30号に掲載された『僕のヒーローアカデミア』318話「ヤミクモ」。全てを1人で救おうと無理をするデクに一筋の光が差し込む…!?

『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

海外ヒーローの派遣日時が正式に決まりそうだと作戦変更を伝えるエンデヴァー。デクの身を案じるエンデヴァーと歴代OFA継承者だったが、デクはまだ動けるとをそれを振り切る。「困っている人間を遍く救う」というデクの行動原理を、複数個性が可能にしていると話し合う歴代継承者たち。「今の緑谷出久を補完できるものがあるとすれば―」と2代目・リーダーは想いをはせる。

一方、敵連合殲滅と市民の救助に駆け回るデク。しかし複数個性を持ちボロボロの見た目のせいで、デクに助けられた人はAFOの手下かと怯える始末だった。それでもデクは皆とまた笑って過ごせるように…と、A組クラスメイトの顔を思い出し、ふらつきながらも飛び回る。

個性「独裁」で大ピンチ! そこへ駆け付けたのは!?

そんなデクの前に現れたのは、新たなダツゴクである「ディクテイター」。個性「独裁」で無関係な市民を操り、デクを襲う。「俺たちの意志じゃない!!」と悲痛な叫びをあげながら襲い掛かってくる人々にもまれ、心の中で「大丈夫」と返答するデク。人に埋まりながらも解決策を考えるデクだったが、疲労は溜まっており、すでに限界を迎えていた…。

そこへA・P・ショットが炸裂し、ディクテイターに直撃…!「いたぞてめェら」とスマホで通信しながらデクを助けに来たのは、「今の緑谷出久を補完できるものがあるとすれば―」とリーダーが言及した男… かっちゃんこと爆豪勝己だった!

この登場には「デクにかっちゃんがいてよかったし、かっちゃんにデクがいてよかった」「圧倒的ヒーローな爆豪勝己」と読者からもかっちゃんコールが止まらない。次回、かっちゃんはデクを救えるのか? クラスメイトたちの登場も期待したいところだ。

(文=ベジナハモッチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.