ワンピース 1016話 ネタバレ「お玉でやんす!!」うるティ戦決着! ヤマトはカイドウを食い止められるのか?!

■徐々に縮まる戦力差… あちこちで戦局が動く!

ナミの天候棒に異変が…?

2021年6月14日発売の「週刊少年ジャンプ」28号に掲載された『ワンピース』1016話「お玉でやんす!!」。打たれ強すぎるうるティがついに倒れ、揺れる戦局。兵力差が縮まる中、ヤマトとカイドウ親子の戦いの火蓋が切られる!

『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

花の都では亡き人を弔う火祭りの真っ最中。おトコと飛徹は燃え盛る炎を見つめながら、おトコとワノ国の行方を見守ってくれているはずだ、と康イエを想う。そして引き続き戦いが続く城内では、ウソップとナミ、お玉がステージに到着。しかし、まだ立ち上がるうるティによりお玉を奪われる。「こいつがいるから部下達が次々とあちき達を裏切る」とお玉の首を絞めるうるティ。

思わずナミが天候棒(クリマ・タクト)で攻撃すると、なんと天候棒の形が変化する! 突然喋り出したナミの天候棒は、実はゼウスと一体化していたのだ。緑星「サルガッソ」を使い、お玉とうるティを引き離すことに成功したウソップ。その隙をつき、天候棒で「雷霆」を発動したナミだが、うるティにかわされてしまう。しかし、「当たるまでがおいらの仕事!」と、ゼウスが天候棒で追尾! ついにうるティを撃破したのだった。

ヤマトは仲間になるのか!? カイドウとの親子対決が始まる

飛び六胞が2人もやられたことに動揺するバオファン。うっかりメアリーズを通して“ページワン様に次いでうるティ様がやられた”と鬼ヶ島全土に放送してしまう。慌てる間もなくウソップの緑星「デビル」で捕獲されてしまったバオファンを発信機に、お玉は「お玉でやんす!!」と鬼ヶ島にメッセージを発信するのだった。

一方、ヤマトは父・カイドウと相対。龍に変貌したカイドウに対し「僕はルフィと一緒に海へ出る!」と宣言していた。どこでもいいのではなく、ここが「ワノ国」だから居座っている、というカイドウ。「ワノ国の将軍になれ」と命じられるも、ヤマトは正面から拒否。「ルフィこそ光月おでんが待ってた男」と、単身カイドウを食い止めることを宣言するのだった。

カイドウがワノ国に居座る理由を気にする声が多い中、「一時的なゲストとして加入するだけと予想」「本気で船乗ってほしい」と、ヤマトが仲間になる派とならない派に分かれてネットは大盛り上がり。

ヤマトの能力を予想する声もあがっており、次回、白熱する親子対決が気になるところだ。

(文=ターバン美津子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.