キングダム 681話 ネタバレ「強靭な力」飛信隊の歩兵団が急斜面を登る! 副歩兵長の意思を受け継ぐ者たちとは!?

■急斜地を登る!

狩り場の罠

今週は歩兵団にスポットが当てられた。2021年6月3日発売の『週刊ヤングジャンプ』27号に掲載された『キングダム』第681話「強靭な力」。切り立つ急斜面を登る飛信隊だったが…。

週刊ヤングジャンプ「キングダム」特設サイトより

飛信隊は歩兵を崖下へと行かせるため、騎馬隊が暴れて敵の注意を引きつけていた。一方、崖の下へと到達した歩兵隊第一陣は、己の肉体だけで急斜面をよじ登っていく。その知らせは、飛信隊本陣に居る河了貂のもとにも届いた。歩兵隊の到達の速さに驚く番陽副長に河了貂は、敵は8日間も玉鳳軍と戦っていたので疲弊していると伝える。だが、難しいのはここからだと互いに思うのだった。

歩兵隊は趙軍が陣を構える頂きを目指していたが、上から大量の岩や石を落とす“落石の計”により混乱に陥ってしまう。落石攻撃を避けるため、反り返った壁面へと移動する歩兵隊。その状況に番陽はやはり無理かと落胆するも、河了貂は「飛信隊はそんなにやわじゃない!」と言い切った。

揺るがぬ強靭な力

歩兵と共に崖を登る羌礼だったが、落ちそうになったところを昴に救われる。再び先を急ごうとする羌礼に干斗は、「お前のその力は上を制圧する時にとっとけって言ってんだ」と止め、昴も自分たちは「登れるよ」「っていうか登るんだ」と言い聞かせた。

絶壁以上の反り返った死角に隠れた歩兵に趙軍は「そこから上には人は登れぬぞ」と断言し、飛信隊本陣の番陽もムリだと絶望する。しかし、河了貂は「歩兵の力はこっちが上だ」と再び叫ぶ。飛信隊は士族に有利な騎馬隊は負けているかもしれないが、今の歩兵隊の主力は身体の強さを誇る百姓で形成されたうえ、過酷な選抜試験を抜けた練兵である。さらに、副歩兵長松左を失うも、彼の意思は確実に今の歩兵士に受け継がれていたのだ。

681話に対して、読者からは「あれだけの装備を背負って絶壁登るってマジかよ?」「昴がすっかり男の顔になりやがって」と歩兵隊の漢気に対して感動する声が多く聞かれた。

遂に、頂きへと血だらけの指が届いた。飛信隊の歩兵は目的を果たし敵を打ち破ることができるのか?

(文=松本メリコーン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.