かぐや様は告らせたい 216話 ネタバレ「四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編 1」伊井野が恋愛頭脳戦に参戦!? 意外な一面にファン歓喜

■ついに伊井野と石上の恋愛も動き出す!

はしたない! でもバカップルが羨ましい?

2021年5月13日発売の『週刊ヤングジャンプ』24号に掲載された『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』。第216話「四宮かぐやの無理難題 仏の御石の鉢編 1」では、四宮と白銀のバカップルに当てられた伊井野が動き出すことになる。

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』原作公式サイトより

屋上で手作り弁当を持参した四宮は、白銀へ「あーん」といいながら食べさせていた。校内で堂々といちゃつくバカップルぶりを目撃した伊井野ミコは、羨ましさを感じていた。もともとロマンチストなうえ、切っ掛けがなかっただけで恋愛に強い憧れがあった伊井野。とりわけ現在は、同じ生徒会の石上優が気になっていたのである。

その事に気づいた藤原千花に、「石上くんの事 好きなんだよね?」と聞かれるも、頑なに否定を続ける伊井野。今まで石上と散々喧嘩をしてきた伊井野は、手のひらを返して「好き」と言うのが悔しかったのだ。

\30日間無料で楽しめる!/

“良い子”じゃない伊井野が得意な事

石上に手弁当をと考えていた伊井野に藤原は、良いと思うのでどんどんアプローチしようと助言。ところが伊井野は、石上は3年の子安つばめに振られたばかりで、「恋愛クールタイム」が必要と考えていた。そんな伊井野を良い子だなぁと褒める藤原だったが、恋愛に綺麗事などないと断言。さらに藤原は、石上に対し「異性として意識」させること、伊井野には「計算高さ」も必要だと背中を押すのだった。

藤原のアドバイスに伊井野は「恋愛は… 良い子じゃなくて良いんですね?」と何かを吹っ切った様子になる。こうして初めての恋愛に挑む伊井野は教室に戻ると、石上に対し何時もとは違う行動を起こす。“良い子”のルールを守らなくて良いのであれば、戦略と駆け引きは伊井野の得意分野であったのだ。

伊井野にスポットが当てられた同話に対して「ミコちゃんがついに覚醒か!」「魔性や、伊井野は魔性の女や」「千花ちゃんはマジ面倒見がいいお姉さん」「ラブ探偵チカの推理が異常に鋭くなってる」など、伊井野の恋愛とそれを応援する藤原に対し好意的な声が多く聞かれた。

初めての恋愛に「良い子」をやめて挑む伊井野。新たな恋愛頭脳戦の勝者は一体誰に? 次号もこの熱い戦いが見逃せない!

(文=ヘプノモヒカンGG)

\初回無料登録で50%オフクーポンGET/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.