メジャーセカンド 231話 ネタバレ「ラブ・パワー」千代を助ける仁科の熱血ぶりがイケメンすぎると称賛の声!!

■海堂のヤジから千代をかばう仁科がカッコいい!!

調子を崩した千代に飛ぶ海堂のヤジ

2021年4月28日に発売された「週刊少年サンデー」22・23合併号。『メジャーセカンド』231話「ラブ・パワー」で、調子を崩した千代にヤジを飛ばす海堂の選手たち。それを一喝した仁科にイケメンすぎるとの声が集まった。

アニメ「メジャーセカンド」公式サイトより

靴ひもを結び直していて打球を見逃してしまった郷田。千里がカバーするものの三塁打となるが、寿也は郷田のミスに対して何も言わなかった。三塁ランナーに動揺した千代は、ボール連発の末にデッドボールをしてしまう。タイムを取って千代を励ます大吾。しかし海堂の選手からは、千代に対する酷いヤジが飛んでくる。

そんな彼らを「うるせーぞてめーら!」と一喝した仁科。千代が一生懸命やっているとかばう仁科に、バツが悪くなった海堂の監督は選手たちにヤジをやめさせた。

\30日間無料で楽しめる!/

仁科に助けられストライクを決める千代!!

千代は仁科に心の中で礼を言う。そして「“強く”ならなきゃ!!」と全力投球し、見事なストライクを決めるのだった。愛の力だと言う関鳥に、照れて怒鳴る仁科。その横で寿也は、今はどんどん失敗してどんどん成長していけばいいと考えていた。

しかし千代のボールは再び打たれてしまい、ライトの郷田に向かって飛んでいく。思わず「郷田――っ!」と叫ぶ仲間たちだが、郷田は飛び出して見事にボールをキャッチした。

さらに彼女は沢の指示通り、大吾に的確なボールを送球。風林・大尾合同チームはスリーアウトを取り、郷田は笑顔でVサインした。

海堂のヤジから千代をかばい、立ち直らせた仁科。読者からは「仁科マジかっこいい」「仁科のメンタルがイケメンすぎる」「千代姉のヤジに反論する仁科がカッコいい」とその格好良さを称賛する声が上がっていた。

千代の調子も戻り、郷田も思わぬ才能を見せた合同チーム。試合の行方がどうなるのか、次回も見逃せない。

(文=ベジナハモッチ)

\初回無料登録で50%オフクーポンGET/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.