ワンピース 1011話 ネタバレ「あんこの仁義」ビッグ・マムの評価急上昇! 仁義を貫くマムはルフィと共闘なるか!?

■仁義を通すビッグ・マムがカッコいい!!

ビッグ・マムに立ち向かうキッドとキラー

2021年4月26日に発売された「週刊少年ジャンプ」21・22合併号掲載の『ワンピース』1011話「あんこの仁義」。「おこぼれ町」への恩を忘れないビッグ・マムに、読者の称賛が集まった。

「ONE PIECE.com」より

ビッグ・マムに立ち向かうキッドとキラーだが、彼女の新しい手下・ヘラの技に吹き飛ばされてしまう。ローはゾロや逃げ出そうとするゼウスを連れて移動し、一人残ったルフィはカイドウと互角の戦いを繰り広げるのだった。

3階まで吹き飛ばされたキッドとキラーの前に、ホーキンスたちが立ちふさがる。キラーはキッドをビッグ・マムの元に向かわせ、ホーキンスとの戦いに挑む。

ビッグ・マムがページワンを吹き飛ばす!!

そのころお玉とウソップたちは、ページワンから必死に逃げていた。ライブフロアまで行って味方を増やすことができれば、自分はどうなってもいいと言うお玉。

ウソップはそんなお玉のため“必殺緑星 爆ボックリ”でページワンを攻撃するが、倒すことができない。そこにキッドを探すビッグ・マムが現れ、絶望するウソップとナミ。

その時、お玉から「おリンちゃん!!」と呼ばれたビッグ・マムは笑顔に。彼女は記憶がない時に世話になった「おこぼれ町」の、おしるこの味を懐かしんだ。しかしお玉は「おこぼれ町」はもうないと言って涙を流す。

「おこぼれ町」がカイドウの手下に焼かれたと知り、怒りに燃えるビッグ・マム。そして「非道な海賊の世界にも…… 仁義ってモンがあんだろうが、アホンダラァ!!!」とページワンを吹き飛ばすのだった。

この展開に読者からは「仁義を貫くビッグ・マムすっげぇかっこよかったね」「自分の仁義にのみ従うビッグ・マムがかなりカッコよかった…」「今週のワンピースめっちゃ面白い!! ビッグ・マムかっこいい!!」と称賛の声が集まった。

この先、ビッグ・マムとルフィたちの共闘もありえるのだろうか? 次回の『ワンピース』も見逃せない。

(文=ターバン美津子)

⇒『ワンピース』最新巻を「U-NEXT」で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.