かぐや様は告らせたい 212話 ネタバレ「四宮かぐやの無理難題「蓬莱の玉の枝」編」四宮と藤原の友情にファン感激!!

■初めて友達になってくれた人

四宮が相談しなかった理由

2021年4月1日発売の『週刊ヤングジャンプ』18号に掲載された『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第212話「四宮かぐやの無理難題「蓬莱の玉の枝」編」では、白銀との交際を伝えたい“大切な相手”が判明した。

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』原作公式サイトより

大事な話があると言って藤原を呼び出した四宮。白銀との交際はすでに4カ月経ち、生徒会で知らないのは藤原だけになっていたのだ。

どのように切り出すか困り果てる四宮は、ふと自分が藤原に恋の相談をしなかった理由について考えてしまう。そんな様子に気づいた藤原は、四宮が昔とは考えられないほど変わったと思い出を語るのだった。

藤原がピアノをやめられた理由

中学の時の四宮は、思ったことをズバズバとストレートに言う少女だった。そんな四宮から藤原は初対面で「貴女 ピアノやめた方が良いんじゃない」と言われてしまう。印象最悪な出会いであったが、周りからの期待で壊されそうになっていた藤原にとって、それは「一番言って欲しい」言葉だったのだ。

藤原の思いを聞いた上で白銀との関係を伝えると、藤原からどうして今まで言ってくれなかったのだと聞かれてしまう。今まで特別な人は藤原だけで、他に特別な人ができたなんて裏切ったみたいになるからと答える四宮。自分を大事に思ってくれた四宮に対して、藤原はこれからもっと特別な人が増えて豊かな人生になると喜んだ。

「おめでとう! かぐやさん!」

読者からは「チカちゃん絡みならギャグ回だろうと思ったらトンデモなく神回!」「かぐや様と千花ちゃんがやっと本音で向き合えたんだな…」「ふたりの思いが尊すぎて泣ける」など、四宮と藤原の友情に感動する声が多く聞かれた。

ようやく藤原にも交際を伝えることができた四宮。白銀が渡米するまでの高校生活がどのようになるのか次号が楽しみだ。

(文=ヘプノモヒカンGG)

⇒『かぐや様は告らせたい』最新巻を「U-NEXT」で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.