呪術廻戦 144話 ネタバレ「あの場所」脹相が完全なる癒しキャラだと話題!

■行方が心配されていたお兄ちゃん無事再登場!

虎杖に兄と呼ばれて喜ぶ脹相

『呪術廻戦』第144話で、脹相が完全なる癒しキャラだと話題だ。2021年3月29日に発売された『週刊少年ジャンプ』17号の『呪術廻戦』144話「あの場所」では、前回読者から行方を心配されていた脹相が再登場。作品随一の癒しキャラっぷりを披露した。

アニメ「呪術廻戦」公式サイト

伏黒から死滅回游のことを聞いた虎杖達は、天元に接触するため一度高専へと戻る。そこには真希と九十九の姿があった。天元の結界を突破する方法を語る脹相に対し、真希が「コイツは誰だ」と聞くと、虎杖は「とりあえず俺の、兄貴ってことで」と返答。虎杖から兄認定された脹相は、喜びのあまり「悠仁ー!!!!」と叫ぶのだった。

このコミカルなシーンに読者からは「やはりお兄ちゃんは癒し」「お兄ちゃんいいキャラしてる」「お兄ちゃん嬉しそうでワロタ」「お兄ちゃん良かったね!」等の声が上がった。

脹相がいなければ詰んでいた説

また、今回の脹相に対し復活を喜ぶだけでなく、天元の結界を突破するキーパーソンとして注目する読者も。話を読む限り、脹相がいなければ天元のもとへ辿り着くことは困難を極めていたことになるのだ。

脹相のナイスアシストに一部の読者からは「これお兄ちゃんいなかったら詰みだったんじゃ?」「脹相ものすごい重要キャラだな」「お兄ちゃん様様ですわ」などの声が上がった。殺伐とした展開の中で癒しキャラとしてだけでなく、虎杖達の味方として活躍する脹相の重要性を改めて実感した読者も多数見受けられた。

(文=トコロドコロ島本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.