かぐや様は告らせたい 211話 ネタバレ「かぐや様は話したい」“事後”の四宮に訪れた変化にファンも感激!

■恋をして四宮かぐやが普通の少女になっていく

会長への好きが100になっちゃった!

2021年3月25日発売の『週刊ヤングジャンプ』17号に掲載された『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第211話「かぐや様は話したい」では、大好きな会長・白銀と盛り上がった末に“して”しまった四宮。翌日、2人はそれぞれの思いを抱いて……。

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』原作公式サイトより

家デートで思いもかけず“盛り上がって、しちゃった”2人。一夜明けて、白銀は妹の前では平静を装いながらも、ベッドに残された四宮の匂いを嗅いで悶絶する始末。一方の四宮といえば、早坂愛に「好きが100になっちゃったんだもの!」とキッスの魔力や「なんか すごかった」と昨夜の出来事を打ち明けるのだった。

恋愛頭脳戦では蚊帳の外?

人肌の安心感や温もりについて悟ったように語り出す四宮を他所に早坂は、恋をしてから四宮かぐやが“普通の少女”になっていく過程を改めて感じていた。文字通り白銀に全てを晒してしまった四宮は、彼が学園を去るまでの間は普通の高校生カップルとして楽しむと宣言する。学園中の噂になると案じる早坂だったが、四宮は「知った事じゃないのよ」と開き直ってみせる。

だが、四宮は白銀が付き合っている事が噂になる前、自分の口から伝えたい人物が居るという。

――その人物こそ、生徒会の仲間としてずっと四宮と白銀のそばにいた藤原千花だった。

こうした四宮の成長に読者からは「恋する普通の女子高生なかぐや様も高貴で潔癖だ!」「会長との恋がかぐやを成長させたんだなー」のといった反応の他に「実は千花ちゃん、会長とかぐや様の関係に気付いていそう」「ラブ探偵チカの反応が楽しみだ」など、四宮の変化や藤原との関係性についても好意的な声が聞かれた。

白銀が学園を去るまで残り4カ月。普通の高校生カップルとして楽しむ2人の姿を今から心待ちにしたい。

(文=ヘプノモヒカンGG)

⇒『かぐや様は告らせたい』最新巻を「U-NEXT」で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.