物腰柔らかな好青年!ベジータの弟に驚きの声続出

■実はベジータには弟がいた!?

好青年なベジータの弟・ターブルとは

アニメ「ドラゴンボール」シリーズに登場するベジータといえば、孫悟空のライバルであり“オレ様”主義を貫く人気キャラ。一方でブルマと結ばれるなど意外な一面も見せており、ファンを驚かせることが多い。そんな魅力的なキャラ・ベジータに、実は“弟”がいることをご存知だろうか。

「ドラゴンボール超 ブロリー」公式サイトより

初登場時のベジータは、同じサイヤ人のナッパとともに地球を襲撃。しかしナッパは単なる仲間であって弟ではない。残念ながら原作マンガには一切登場しておらず、オリジナルアニメ『ドラゴンボール オッス! 帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』でその存在が明らかになったのだ。

ベジータの弟は“ターブル”という名前で、キャラクターボイスを務めるのは声優・森田成一。ベジータいわく“戦闘に向かない”ため、父親によって辺境の星に追いやられていたらしい。確かに兄のぶっきらぼうな口調とは正反対の丁寧な話し方で、物腰柔らかな雰囲気から“好青年”という印象を受けるに違いない。

ベジータはお義理兄さん!?

さらに驚かされるのは、ターブルが“既婚者”という事実。ともに地球を訪れた妻・グレはサイヤ人と全く容姿が異なり、マスコットキャラクターのように丸みを帯びた可愛らしい外見をしている。彼女から「初めましてお義兄さん。私グレと言います」と挨拶されたベジータはさすがに動揺を隠せず、「え、あ、あ、どっどうもこちらこそ」とあたふた。ペコリと頭を下げるグレに対して、自身も両ひざに手を添えながらお辞儀するほどだった。

ターブルの存在は度々ネット上で話題になっていて、「ベジータのこと『兄さん』って呼んだ瞬間お茶吹いた」とファンも衝撃を受けた様子。またベジータとの“共闘”をリクエストするコメントも見られ、「オリジナルアニメ限定じゃもったいない。いつか映画に登場してほしい」「ベジータはターブルに調子狂わされてるっぽいけど、いざ共闘したらいいコンビなんだろうな」といった反響も寄せられていた。

ターブルの活躍が描かれる日はくるのか。その時はベジータの反応も楽しみにしていよう。

(文=ザ・山下グレート)

⇒『ドラゴンボール』最新巻を「U-NEXT」で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.