鬼滅の刃 190話 ネタバレ 瀕死の柱たちに援軍登場!

2020年1月20日に発売された『週刊少年ジャンプ』から、鬼滅の刃190話のネタバレレビューを紹介。同話では、鬼舞辻無惨と激闘を繰り広げる柱4人に、援軍が現れて話題となっている。

とうとう顕現した伊黒小芭内の赫刀。しかし全ての力を握力に注いでしまった伊黒は、酸欠により失神寸前だった。視界がかすむ中、無慈悲な攻撃が迫ってくる。これまでか… と思った矢先、伊黒は見事回避に成功。

直後、いびつな形で無惨の右腕が切断された。左腕も切断されたところで、新たな勢力に気がついた無惨は誰もいない場所を攻撃。すると突如として、我妻善逸・嘴平伊之助・栗花落カナヲの3人が出現する。珠世が残した鬼の術で姿を隠しており、実は先程伊黒を救ったのもこの3人だった。

7人に増えた鬼殺隊は、畳みかけるように切り刻んでいく。さらに赤い刃で切られると再生が遅れることが判明。不死川実弥と冨岡義勇はお互いの刃を紅に染め上げ、いよいよ終局へと向かう―。

善逸や伊之助が参入した今週の「きめつの刃」に、ネット上からは「めちゃくちゃアツい展開! いよいよ反撃開始やな」「控えめにいって3人の登場に震えたわ。それにしてもまだ余裕に見えるのが不穏…」などの声が上がっている。ようやく反撃の狼煙が上がった戦いから、いよいよ目が離せない。

(文=ザ・山下グレート)
作品名:鬼滅の刃 > ジャンル:鬼滅の刃 190話 ネタバレレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.