ヒロアカ 286話 ネタバレ デクが死柄木に放った怒りの一言

2020年10月5日に発売した『週刊少年ジャンプ』44号。ヒロアカ286話のネタバレレビューを紹介。同話では、とあるデクのセリフが話題に。読者も「いつもと違った雰囲気にゾクゾクした!」と大興奮だったようだ。

デク
「取り消せ」

前号でデクを庇って死柄木の攻撃を受けた爆豪。彼は「一人で…勝とうと…っ してんじゃ ねェっ」と強気な言葉を言いつつも、力なく空中から落下してしまう。

そんな爆豪を見て死柄木は、「今日の戦いで…………… 無駄な血が多く流れたが……」「今のが最も無駄だった」と言い放つ。

その言葉を聞いた瞬間、デクの表情が一変。己の身を犠牲にした爆豪の行動を無駄と言われ、怒りに満ちた顔で死柄木に襲い掛かる。死柄木の黒鞭を噛み千切って「(爆豪への発言を)取り消せ」というデクはまるで鬼神のよう。

ファンの間でも「普段は温和なデク君がここまで怒るなんてびっくり!」「セリフは怖いけど、仲間を馬鹿にされて怒れるのは優しいヒーローだね」と盛り上がりを見せていた。普段と違ったヒーローらしさを見せたことで、ますますファンが増えそうだ。

(文=ザ・山下グレート)

⇒『ヒロアカ』最新巻を「U-NEXT」で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.