『ヒロアカ』295話レビュー 「続きが気になって年越しできない!」“最悪の結末”に読者から悲痛の声

2020年12月21日に発売された『週刊少年ジャンプ』2021年3・4合併号に、『僕のヒーローアカデミア』第295話が掲載された。衝撃的なラストに、読者からは「あまりに辛すぎるラスト」「来年までこの続きを待たなきゃいけないの…?」など悲しみの声が多く上がっている。

同話では、ヒーローVSヴィランの激しい戦いの結末が描かれた。ボロボロの体で必死に応戦するヒーロー達。しかし、オール・フォー・ワンが死柄木の意識を乗っ取り、大勢の脳無達を操り反撃してくる。目を覚ましたデクが死柄木を必死に捕えようとするも、攻撃に阻まれてしまう。去り行く死柄木の姿にデクは、「おまえの顔が救けを求めたように見えた」と悔しさを露わにするのだった。

多くの被害を出しながらもヴィランを逃してしまうという結末に、読者からは「予想以上に最悪の幕切れ」「皆の生死が心配すぎて年を越せない」と悲痛な声が続出。しかし、死柄木に対するデクの想いに「死柄木を助けてあげてほしい!」「これでこそデク」と称賛の声もあった。

長く続いた総力戦は、ここで一旦幕引きとなるのか? オール・フォー・ワンに意識を乗っ取られた死柄木の今後やヒーロー達の安否など気になる点は山ほどあるが、困難に屈せず立ち向かうデク達の更なる活躍に期待したい。

(文=ターバン美津子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

新着記事

大人気ライトノベル『86-エイティシックス-』のアニメ情報が一気に解禁。 公開されたキービジュアルは、原作絵に負けず劣らずクールビューティーなレーナ様がかっこよすぎます!(太腿の絶対領域が神っ)。しかも音楽は「進撃の巨人」や「機動戦士ガ
タラちゃんはアニメ「サザエさん」に登場する永遠のちびっ子。エピソードによってはタラちゃんが頭脳明晰な一面を見せ、幼いながらカツオやわかめを出し抜くこともある。今回はタラちゃんの活躍したエピソードを振り返っていこう。 ■【タラちゃん】無