「赤=熱血リーダー」「黄色=カレー好き」のイメージはどの作品から? アイドルが語りつくす戦隊ヒーローの“起源”

【一色萌のスーパー戦隊コラム】第1回「秘密戦隊ゴレンジャー」

日刊ビビビをご覧の皆さま、初めまして。
XOXO EXTREME(キスアンドハグ エクストリーム)というアイドルグループに所属しております、一色萌(ひいろ・もえ)と申します。

(C)Twelve-Notes

突然ですが、皆さんは小さい頃に夢中だったものを覚えていますか?

私はいわゆる“戦隊もの”を始めとした、特撮ヒーロー作品が大好きでした。
自我が芽生え、好き嫌いの概念が生まれ、周囲の女の子がかわいいものに胸をときめかせ始めていた頃、私は“買ってもらったロボットやフィギュアで遊びつつ、いかに綺麗な状態をキープして保存するか”ということに心を砕いていたものです。

(C)Twelve-Notes

そんな幼少期から月日が経ち、大人になった今も私はヒーローたちに心を奪われたままです。
そしてこのたび月に一度、私の大好きな“スーパー戦隊シリーズ”の作品についてお話しする場をいただけることになりました。
この連載が皆さんにとって、昔憧れたヒーローを思い出して懐かしんだり、新しい作品に触れたりする機会となれば幸いです。

記念すべき第1回はスーパー戦隊シリーズの始まりの作品、『秘密戦隊ゴレンジャー』をご紹介したいと思います。

始まりの5人
『秘密戦隊ゴレンジャー』は1975年、石ノ森章太郎原作、東映制作のもと放送が開始されました。
「国際秘密防衛機構イーグル」の日本支部に所属する5人の隊員が、全人類の破滅を目論む「黒十字軍」から世界の平和を守るために奮闘する日々を描いた作品です。

今や特撮ファンでなくても、“戦隊もの”と言えばきっと多くの方が赤・青・緑・黄・ピンクの5人組を思い浮かべるのではないかと思いますが、当時は一人で闘うヒーローのイメージが浸透していた中、5人編成のカラフルなヒーローはとても前衛的だったそうです。

ここで私が注目したいのは、「色」と「キャラクター」の関係です。
赤が熱血のリーダー、青はクールなサブリーダー、緑がバランサー的な存在で、黄色はカレー好きのお調子者、ピンクは華やかな紅一点というような、後のシリーズにも影響を与えていると思われる印象的で巧みなキャラクター設定が、一作目にして取り入れられていたということに感嘆します。

特に黄色の印象は強烈で、実際にカレーが好きなキャラクターはキレンジャーの他には『太陽戦士サンバルカン』のバルパンサーのみであるにもかかわらず、黄色=カレー好きの印象は2020年の今でも根強いと感じます。
そんなところからも、ゴレンジャーの人気と当時の人々に与えたインパクトの大きさが伺えます。

(C)Twelve-Notes

先日、第33回東京国際映画祭にて行われた『秘密戦隊ゴレンジャー』45周年記念の上映イベントに足を運んだ際、アカレンジャー役の誠直也さんのトークショーを拝見する機会がありました。

苦労した撮影のエピソードや、火薬を使った危険なアクションシーンの裏話などの貴重なお話に添えて、「番組が40年以上も形を変えて続くとは想像できなかった。今ここで、僕が何十年も前にやった番組の話をしていることが不可思議」とお話されていたことがとても印象に残っています。

「最初の3ヶ月くらいは反応がなくて、1年ももたないと思った」という時期を超え、じわじわと人気を獲得し、『秘密戦隊ゴレンジャー』は全84話、最終的な放送期間は2年に渡るものとなりました。

偉大な一作目に恵まれたからこそ、今も私たちの日曜日がヒーローとともにあるのだと思うと頭が下がる気持ちです。
時代とともに進化し、形を変えながら受け継がれていくヒーローたちの魂をこれからもずっと見続けていけますように。
それではまた来月、お会いしましょう。

●次回は『バトルフィーバーJ』をご紹介します!

 

(C)Twelve-Notes

一色萌(ひいろ もえ)
5月27日生まれ。東京都出身。双子座のA型。
プログレアイドルXOXO EXTREME(キスアンドハグ・エクストリーム)赤色担当。
MOGU2 NEWS 「キスエク・一色萌のアイドル、色々。」連載中
Twitter:@hiiro_moe
XOXO EXTREME Official Site:https://www.xoxo-ex.com/

 

\30日間無料で楽しめる!/

コメント一覧

2
  • Tomoakit→O/akaPanda

    ゴレンジャー。リアルタイムで見てました。ゴレンジャー関連で買ったおもちゃは、後半出てくる鳥のような飛行物体ですかね。羽が広がるやつ。

  • ゴレンジャーリアルタイム世代です!
    改めて見返すと、敵中堅幹部の存在とか最後の必殺の決め技などの戦隊モノのフォーマットが試行錯誤しながら形作られているのが見えて楽しいです!
    正義側の乗り物(バリタンク)が別作品で悪の組織の乗り物として流用されたりしているのも当時の幼稚園児は気付く由もなく、今になって楽しめる話ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.